生活コストの上昇から退職後の収入が保証された金融商品の需要が高まっている

しかし、最新の研究によると、インフレなどの問題に対する懸念が依然として残っている。

北米アリアンツ生命保険会社の最新の「Allianz Quarterly Market Perceptions Study」によると、2019年に見られたような市場の不安定さにもかかわらず、米国の投資家は、財務状況に対して、今までにないほどの自信を持ち、差し迫った市場の暴落や景気後退については、2018年以来のどの年よりも心配することが少なくなった。

同社が最近実施したオンライン調査によると、2019年第4四半期に深刻な景気後退が迫っていることを懸念していると答えた回答者はわずか43%だった。アリアンツ生命によると、第3四半期の50%、第2四半期の48%、第1四半期の46%、2018年全体の44%から減少している。

一方、市場の大暴落を心配していると答えた回答者はわずか39%で、第3四半期の48%、第2四半期の47%、第1四半期の46%、2018年の42%から減少した。