少なくとも128人が被害に遭い、総額400万ドル以上の手数料を得ている

規制当局によると、マサチューセッツ州の保険会社のセールスマンが、数百万ドルの手数料を不当に得ていたという。

マサチューセッツ州の証券監督局の代表であるWilliam F. Galvin氏によると、マサチューセッツ州の保険セールスマンと彼の会社は、手数料の支払いのために、高齢者の資産を清算するように説得したことで起訴された。Galvin氏の訴状によると、Ryan P.Skinner氏と彼の会社である「Summit Financial Partners」はこの計画で数百万ドルを稼いだという。

マサチューセッツ州ウォバーンに拠点を置くSkinner氏は、マサチューセッツ州保険局とライセンス契約を結んでいるが、登録投資顧問ではなく、Galvin氏の証券監督部門から提出された行政不服申立書によると「自称退職専門家」と名乗っている。

訴状によると、Skinner氏は2002年から2008年の間に、6つの異なるブローカー・ディーラーとともにFINRAに登録されたという。2017年、FINRAは規則8210(提出した書面)および規則2010(高い基準)に違反したとして、彼に2,500ドルの罰金を科した。彼はまた、6カ月の停職処分を受けた。