男性特有のつながりや偏見は未だに強く残っている

研究者たちはある銀行を調べて、男性が権力者とより多くの交流を持ち、より多くの昇進を得ることができるような社内ネットワークを持っているかどうかを調べている。

男性が昇進する際に有利になる、いわゆる「オールド・ボーイズ・クラブ」はまだ存在するのだろうか?ハーバード大学ビジネススクールのZoe Cullen氏とカリフォルニア大学ロサンゼルス校のRicardo Perez-Truglia氏による全米経済研究所の新しい研究である「オールド・ボーイズ・クラブ:社内ネットワークとジェンダーギャップ」によると、いくつかの点では変化がないものの、ある点では驚くことが明らかになった。

「McKinsey & Co.」の2019年の調査によると、米国企業の新入社員の48%が女性である(米労働省の12月の雇用統計によると、農業従事者と自営業者を除く米国の雇用の50.04%を女性が占めている)。

また、中間管理職に分類される女性はわずか38%、経営幹部レベルは22%、CEOレベルは5%だった。