眺めがよく広々としたリビングのある高級マンションは、ステータスシンボルの一つです。そろそろ住み替えを考えている人は、都内にある超高級マンションを検討してみてはいかがでしょうか。本記事では、都内高級マンションを3つ紹介します。

(1)THE ROPPONGI TOKYO CLUB RESIDENCE

都内,高級マンション
(画像=foamfoto/Shutterstock.com)

東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩約3分の超好立地にあるマンションです。2011年築の地上39階、地下1階建て、最上階の39階は賃料月170万円。約19畳の広々としたリビングはガラス張りで東京の夜景を一望できます。300メートル圏内にコンビニだけでなくスーパーや薬局があるのもポイントです。

最上階は3LDKで専有面積173.69平方メートル(約52.54坪)の広さがあるため、ファミリーも入居できるでしょう。トイレは3つ、浴室も2つあり家族全員が忙しい朝の時間もあわてずゆったりと過ごせそうです。

(2)セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿

よりスタイリッシュな住空間を求めているのなら「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」をチェックしましょう。高級マンションにマストな鏡張りのリビングは、個性的な三角形を描いたモダンな空間です。最上階の44階は2LDKで専有面積305.58平方メートル(約92.44坪)と広々としており賃料は月212万円。東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩約6分、都営大江戸線都庁前駅より徒歩約5分と立地も良好です。

(3)芝浦アイランド ブルームタワー

芝浦アイランド ブルームタワーは、再開発地区港区芝浦アイランドに立つタワーマンションです。四方を運河に囲まれ、まるで孤島のように浮かび上がる居住地区周辺は、緑が豊かで美しい景観を保っています。ブルームタワーの内装は、周囲の環境に溶け込むようにナチュラルでやわらかな中にも気品が高い空間が印象的です。

自宅にはきらびやかさより落ち着きが欲しいという人は、白い壁に木目のフローリングで優しい雰囲気のブルームタワーをきっと気に入るのではないでしょうか。ブルームタワーの最上階である48階の家賃は月120万円です。間取りは2LDKで専有面積は168.14平方メートル(約50.86坪)と1室1室がゆったりとした造りとなっています。

高級マンションでラグジュアリーな毎日を

高級マンションの高層階からの眺めは、手に入れた人のみが眺望できる景色です。ラグジュアリーな空間に身を置くことで仕事へのモチベーションも高まるのではないでしょうか。ぜひ次の高級マンションを決める際の参考にしてみてください。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力