格安SIMへの乗り換えを検討しつつ、種類が多すぎて切り替えのタイミングを逃してしまっている人は多いのではないでしょうか。LINEモバイルやY!mobileなどモバイル戦争が加速する中、一体どの格安SIMがお得なのかを考察します。

今さら聞けない格安SIMの意味をおさらい

乗り換え,キャッシュバック,お得
(画像=Morumotto/Shutterstock.com)

格安SIMとは、低価格のインターネット通話サービスです。格安SIMに変更すると、Docomo、au、SoftBankなどのいわゆる大手携帯キャリアと比較して、スマホの通信料が大幅に下がります。

格安SIMには多くの企業が参入しており、LINEモバイル・Y!mobile・楽天モバイル・UQモバイル・イオンモバイルなどたくさんの種類があります。いざ切り替えようと思っても、一体どの格安SIMを選べばいいのか迷ってしまうという人も多いでしょう。

格安SIMの選定ポイントとして、各社が展開しているキャンペーンに着目するのも一手です。各社はそれぞれ期間限定のキャンペーンを行っています。ホームページなどでチェックして、自分に合った事業者を選びましょう。

次に、代表的な格安SIMのお得なキャンペーンをご紹介します。

LINEモバイル・Y!mobile・楽天モバイルのお得なキャンペーン(2020年1月現在)

LINEモバイルでは、月額基本料金が5ヵ月間半額になるキャンペーンや、コード入力で5,000円相当のLINE Pay残高かLINEポイントをもらえる特典が用意されています。例えば、キャンペーン適用中の3GBの通話料は845円と格安です。

Y!mobileでは、14ヵ月以降の料金が最大12%お得になる料金プランや、機種変更によって機種代金を税込7,200円割引してくれる特典が用意されています。また、オンラインストアで申し込めば事務手数料3,000円が無料になるのもうれしい点です。

楽天モバイルでは、プロバイダ契約や音楽サービスに契約するなどの条件を満たしたり、友人・家族を紹介したりすると、楽天ポイントが付与されます。また、楽天市場でのお買い物でポイントが2倍になるプログラムもあります。

自分に合った決済サービスを考慮して格安SIMへの乗り換えを

格安SIMを選ぶなら、キャンペーン情報とあわせて、自分に合った決済サービスとの親和性を考えるのも大切です。例えば、LINE Payで決済することが多いなら、LINEモバイルにすることでストレスなくサービスを利用できます。

一方、日頃から楽天市場でよく買い物をするなら、楽天モバイルのキャンペーンで楽天ポイントを貯めるとそのまま買い物に使えて便利です。

キャンペーン情報や決済サービスを考慮しながら、自分に合った格安SIMに乗り換えましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力