日本においても、心と体の健康をケアする「ウェルネス」への意識が高まっています。海外セレブ愛用のウェルネスグッズを日常生活に取り入れ、スタイリッシュでラグジュアリーなウェルネスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1 スーパーフードで美を維持する「WelleCo」

海外セレブ,愛用,ウェルネスブランド
(画像=Everett Collection/Shutterstock.com)

55 歳になった現在も現役時代と変わらぬ美しさを維持する、元スーパーモデルのエル・マクファーソンが設立。トップベストセラー商品の「SUPER ELIXIR Greens(スーパー・エリクサー・グリーンズ)」は、スピルリナやケルプなど栄養分豊富な緑の野菜のほか、椎茸、アロエ、アサイベリーを含む、40種類以上の栄養素がミックスされた、究極のウェルネスフードです。

2 トータル・ウェルネス「GOOP」

ハリウッド女優のグウィネス・パルトロウが自らクリエイティブ・ディレクターを務める、トータル・ウェルネス・ブランド。オーガニック・スキンケアからメイクアップ、ファッション、サプリメントまで豊富なラインアップが楽しめます。

3 肌と心にアプローチするスキンケア「MDNA SKIN」

ウェルネスのコンセプトとテクノロジーを融合させた、高級スキンケアライン。世界的スーパースターのマドンナが初めて手掛けた化粧品ブランドとしても、話題を呼んでいます。

4 スタイル×エクササイズ「Mission Statement」

ヒラリー・スワンクがプロデュースする、ウェルネスウェア・ブランド。機能性と素材、デザインにこだわったウェアは、「エクササイズ中でも、スタイリッシュさを忘れたくない」という女性に支持されています。

5 次世代シェイカー「Blender Bottle」

スカーレット・ヨハンソンやジェシカ・ビールなど、多数のセレブリティが「エクササイズのお供」として愛用しているブレンダー・ボトル。プロテインパウダーやビタミン剤など、好きな材料を入れてシェイクするだけで、混ざりにくい粉末や油分もダマにならず、きめ細やかな舌触りの栄養ドリンクに変えてくれる優れものです。

海外セレブが展開するウェルネスブランドを探してみよう

その他、ビヨンセやケイト・ハドソン、リアーナ、ジェシカ・シンプソン、ジェシカ・アルバなど、ウェルネスの促進に熱心な多数の海外セレブが、セルフ・プロデュースやコラボレーションによるウェルネスブランドを発信しています。憧れの海外セレブのブランドを探してみるのも、楽しいかもしれません。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力