「結婚するのが当たり前」という意識が薄れ、「必ずしも結婚する必要はない」と考えている人が増えている現代は、結婚をしたい人にとっては厳しい時代になっているかもしれません。「結婚したいけれど相手が見つからない」というのは、年齢、性別、年収を問わず共通する課題のようです。ハイスペックでも困難を極める近年の婚活事情について調べました。

現代の婚活のリアル

男女,高収入,婚活
(画像=PIXTA)

「婚活」といえば、婚活サイトや婚活アプリ、趣向を凝らしたイベントへの参加などが定番です。株式会社リクルートマーケティングパートナーズによる「婚活実態調査2018」によると、2017年の婚姻者のうち、婚活サイトやアプリ、結婚相談所、イベントを通して結婚に至ったのは全体の10.4%。これら4大婚活サービスがきっかけで結婚に至る夫婦は、近年ほぼ右肩上がりに増加しています。

若年層の結婚への意識が低下している中で、結婚したい男女が自然と出会うのは難しい状況です。特に年収1,000万円を超えるような人は、仕事が忙しく出会いの場へ足を運ぶことも大変でしょう。サイトやアプリなどの婚活サービスの需要はさらに高まることが予想されます。

ハイスペック男女の婚活は?

自分自身の努力で年収1,000万円以上をキープしている人は、結婚相手にもそれなりのスペックを求めてしまい、その結果、結婚への一歩がなかなか踏み出せないのかもしれません。ハイスペック男女が、望む結婚をするためにできることはどんなことでしょうか。

セレブ専門結婚相談所

一定以上のステータスを持つ人だけが入会を許される、セレブ専門の結婚相談所もあります。本気の婚活をしたいなら、一度訪れて話を聞いてみるのもいいかもしれません。

年収〇〇万円以上 or 職業縛り婚活イベント

いきなり結婚相談所へ行くのは、かえって「本気度」が高すぎて気が引けるという人は、楽しみながら婚活へつなげられる婚活イベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

結婚できない理由を一つひとつ解消する

仕事が忙しくて出会いがない、親の理想と自分の理想のギャップがある、理想が高くて思ったような人が見つからないなど、結婚に踏み出せない理由や結婚を望めるような相手となかなか出会えない理由を、一つひとつ解消するようにしていくといいでしょう。

「失敗は成功の母」地道な活動で未来をつかむ

結婚は、自分だけでは成功させられないライフイベントです。相手がいる以上、自分の思い通りに事が運ばないことも多く、これまで順風満帆にキャリアを積み重ねてきた成功者にはつらい道のりに感じられることもあるかもしれません。

しかし恋愛も結婚も、大切なのは出会いの機会を増やし、それぞれの出会いを大事にすることから始まるのではないでしょうか。何度失敗しても想定内と起き上がり、一歩一歩コツコツと小さな出会いを積み重ねて、幸せな結婚生活をつかみましょう。 (提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力