2019年第4四半期の利益は70億ドルで前年同期から4%減少しているが、1株当たり利益は0.74ドルとなり6%増となった

第4四半期におけるメリルのアドバイザーの手数料は、12カ月の平均で1,108,000ドルだった。

メリルリンチとプライベート・バンクを含む「バンクオブアメリカ」の資産運用部門の最新の通期および四半期決算には、多くの良いニュースとわずかな変動があった。

顧客残高は前年同期比16%増の3兆ドル、同部門の純利益は2018年から7%増加して43億ドル近くとなり、2019年の収益は195億ドルと0.4%増加した。

ただ、メリルリンチのファイナンシャル・アドバイザーの数は、前四半期から201人減少して17,458人となり、前年同期から60人減少した。2019年12月31日現在、ウェルス・アドバイザーの人員数は前期比189人減、前期比19人減の19,440人となった。