ワインの世界には、味や色調、香りなどを表現するさまざまな言葉があります。クルクルとワイングラスを回し、一通りのうんちくを語るワイン好きも少なくありません。それだけに「ワインは難しい」「間違ったことを言ったら恥ずかしい」といった心理的なハードルが存在することも確かです。しかし本当にワインはそんなに小難しいお酒なのでしょうか。

本記事では銀座の高級クラブでソムリエとして活躍する前田健司さん(仮名)にワインについてのお話をうかがいました。

皮と種を一緒に醸すことで、赤ワインの鮮やかな色が表現される

ソムリエ,ワイン,選び方
(写真=ANA Financial Journal編集部)

「ソムリエの試験に合格しようと思えば覚えなければいけない多くのことがありますが、そうでなければ最低限の知識さえ押さえておけば十分です。そんな堅苦しい理由でワインを遠ざけているなんてもったいない。むしろワイン通を気取ってうんちくを語る人は、お店からも女性からも敬遠されがちです。もっと海外の方々のように気軽にワインを楽しんでください」(前田さん)

それでは前田さんに教えていただいた最低限の知識を紹介しましょう。まずはお酒の種類からです。ワインはブドウを「醸造」して造ったものですが、ブドウを「蒸留」して造ったお酒はブランデーです。醸造や蒸留というのはお酒の製造方法のことで、日本酒やビールは醸造酒、ブランデーや焼酎は蒸留酒という区分です。

醸造酒は果物や穀物を酵母としてアルコール発酵させて造ります。蒸留酒は醸造酒をさらに蒸留して造ったお酒で、一般的にアルコール度数が高く味が強いことが特徴です。では赤ワインと白ワインではなにが異なるのでしょうか?赤ワインは、黒ブドウを原料に皮と種を一緒につけ込みます。これをワイン用語では「醸す」(かもす)と表現するのです。

一方、白ワインは白ブドウが原料ですが皮と種を一緒にはつけ込みません。ブドウに含まれる糖分が酵母により発酵し、糖をアルコールと二酸化炭素に分解することでワインとなります。

ソムリエ,ワイン,選び方
右側のいかり肩がボルドー、左側のなで肩がブルゴーニュ(写真=ANA Financial Journal編集部)

ワインの製造方法に関する“うんちく”はこのくらいにして、見た目にもわかるボトルやワイングラスについて紹介しましょう。

ボルドーとブルゴーニュはボトル形状で見分けられる

「よくワイン好きの間では、フランスの産地であるボルドーとブルゴーニュが比較されます。簡単に説明すると、ボルドーのワインはカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローを中心に複数のブドウをアッサンブラージュ(ブレンド)して造られます。一方、ブルゴーニュは赤ならピノ・ノワール、白ならシャルドネと単一品種で造られます」(前田さん)

「ボルドーのボトルは『いかり肩』、ブルゴーニュは『なで肩』といったように、ボトルの形状からも見分けることができます(写真1参照)。またワイングラスもさまざまなタイプが存在します。グラスの形状によってもワインの味は変化するんですよ。同じ赤ワインでもボルドーなら縦長でチューリップのようなグラス、ブルゴーニュなら口が大きくボウル部分に丸みのあるグラスが使われます」(前田さん)

ソムリエ,ワイン,選び方
右側のがボルドー、左側がブルゴーニュのワイングラス(写真=ANA Financial Journal編集部)

グラスの回しすぎに注意。右利きなら反時計回りに2~3回転

最後にワインをグラスの中でクルクルと回す仕草について確認していきましょう。ワイン用語で「スワリング」と呼ばれるこの仕草は、ワインを空気に触れさせることで香りを引き出し、味わいをやわらかにするために行うものです。

「特に赤ワインは空気に触れると味が変化します。『ワインが開く』などと表現しますが、効果的なスワリングはグラスを3回程度回せばOK。回しすぎるとせっかくのワインの香りも飛んでしまいます。

右利きの方なら上からみてグラスを反時計回りに、左利きの方なら時計回りに回すのが一般的です。とはいうものの、マナーを気にしすぎたり臆病になりすぎたりせず、まずは肩の力を抜いてワインを感じ、楽しんでみてはいかがでしょうか」(前田さん)(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力