2013年に社会保障による収入がなければ、米国の貧しい高齢者の世帯数は200%以上増加したかもしれない

米国退職安全保障国立研究所(NIRS)の報告によると、理想的な「3本足のスツール」 の恩恵を受けている退職者は7%にすぎない。

(関連記事:退職に対する関心:米国の州のランキング・ベスト12

米国退職者安全保障国立研究所が火曜日に発表した報告書によると、10人に4人の高齢者が退職時に社会保障の収入だけに頼っているという。

NIRSの研究責任者を務めるTyler Bond氏とマサチューセッツ大学ボストン校の名誉教授であるFrank Porell氏がまとめた報告書によると、社会保障と確定給付年金、確定拠出年金を組み合わせた給付金を受け取っている米国民はわずか6.8%だった。

報告書によると、これら3つの収入源からの退職所得は、退職者が貧困や経済的困難に直面する可能性をはるかに低くしている。