財政の見通しは現在の景気拡大と失業率の低さと連動している

Bankrateの報告によると、多くの若年層は自分たちの財政状況について楽観的である。

新たな調査によると、米国の成人の43%が今年、個人の経済状況が改善すると予想しており、15%が大幅な改善を見込んでいる。

しかし「Bankrate.com」が木曜日に発表した調査結果によると、回答者の57%が2020年の財政状況の改善を期待しておらず、そのうちの16%が財政状況が悪化すると予想している。

12月初旬にBankrate.comを対象に、2,634人の成人を対象とした調査を「YouGov Plc」が実施した。