若い世代へのアドバイスは早いうちに「貯蓄」と「投資」を始めることである

TD Ameritradeの調査によると、資産が多い人はファイナンシャル・アドバイザーを利用する予定だという。

「TD Ameritrade」のHarrisの新しい世論調査によると、退職後のための貯蓄に対して、40歳以上のほとんどのアメリカ人は明確な計画を持っているが、あまりにも多くの人が十分な貯蓄をしていなく、もちろん彼らが希望しているものとは程遠い。

米国の40歳〜79歳までの成人2,000人を対象に8月30日から9月10日にかけて実施された退職後の動向についてのオンライン調査では、60%が明確な退職戦略を持っていると回答している。

しかし、TD Ameritradeが木曜日に発表した調査によると、米国人の58%が退職後の貯蓄を「C」以下に評価している。一方で、31%が「C」と評価し、15%が「D」と評価した。また、12%が自分自身を最低の「F」と評価した。「A」と評価したのと同じパーセンテージで、30%が「B」と評価した。