悩み
(画像=PIXTA)

投資信託説明書(目論見書)とは、ファンドごとに作成されている商品説明書のことで、運用会社が作成します。主な内容として、ファンドの目的・特色、リスク、運用実績など重要な情報が記載されています。

目論見書には、交付目論見書と請求目論見書の2種類があります。

交付目論見書は、金融商品取引法で定められている法定書類です。販売会社は勧誘・販売時にお客様に配布することになっており、お客様に配布されていなかった場合には法令違反となります。

請求目論見書は、お客様から請求があった場合に交付する法定書類です。交付目論見書に比べて詳細な情報が掲載されており、ファンドの沿革や経理状況といった情報を知ることができます。

交付・請求目論見書の内容は、定期的に見直されます。担当者はお客様に配布するときに最新版であることを確認することが必要です。

自分のニーズに合うことを確認してもらう