$
(画像=PIXTA)

低当権とは、債務不履行の場合に担保について他の債務者に優先して弁済を受ける権利です。普通抵当権と根抵当権の2種類があり、普通抵当権は一般的に「抵当権」と呼ばれます。

普通抵当権や根抵当権は担保とする土地・建物(不動産)等に設定されます。普通抵当権や根抵当権は当事者間の契約で成立しますが、金融機関においては第三者に対抗(表明)するため必ず登記を行います。

一方、対象債権の完済時や金融取引上不要となったときなどは設定していた普通抵当権や根抵当権を解除します。解除の際に行うのが抹消の登記です。これは設定のときと同じように法務局で手続きを行います。抹消登記により、普通抵当権や根抵当権の抹消が第三者へ表明されるということです。

売買等の流通に支障を来すことがある