ファンド・マネージャーの半数以上はアクティブに運用しているマネージャーを参考にしていることが明らかになった

Core Data Researchの最近の研究によると、ESGではないようだ。

ブラックロック社のCEOであるLarry Fink氏は、環境、社会、ガバナンスの分野で自社を前進させたいという意志を持っていたかもしれないが、少なくともCore Data Researchの調査によると、グローバルファンド購入者の大部分はこの方針に従っていないようだ。

プロのバイヤー200人を対象として、昨年11月に行われたオンライン調査では、ESG・持続可能性要因が最も重要な選択要因であると回答した企業はわずか7%であった。60%にとって最も重要な基準は実績であり、投資哲学(53%)、投資選択プロセス(51%)がこれに続いた。