担当
(画像=PIXTA)

融資業務をスムーズに進めていくには、日々のルーティンワークを的確に行いながら、期日までに個別案件の手続きを終えることが必要になります。ここでは、融資担当者の1日のモデルケースを挙げて、計画的な仕事の進め方を紹介します。状況に応じて異なりますが、業務内容を確認したり自分の業務の進め方を見直したりするのに参考にしてみてください。

時間帯
主な仕事
8時30分~(始業~)
開店前準備
●朝礼
●当日スケジュール確認
●現物の出庫
●伝達事項の確認と融資担当者間の連絡