パスポート
(画像=PIXTA)
バンクビジネス2月号
(画像=バンクビジネス)

被相続人が日本人であれば、相続人に外国籍の人がいても、日本の法律に基づいて手続きをすることとなります。

外国籍の相続人であっても、在留資格を持ち日本国内に居住しているなどの要件を満たせば、住民登録が可能です。住民登録がなされれば住民票の写しが取得でき、また印鑑登録により印鑑登録証明書の取得もできます。