説明会
(画像=PIXTA)
お客様の情報
1961年生まれの男性。民間企業で働き60歳で定年退職を迎える。公的年金の受給額や受給開始年齢、在職老齢年金などについて知りたいと思っている

営業店の担当者は、公的年金の受給額や受給開始年齢などについてある程度説明できることは、お客様から信頼を得るためには重要です。

ただし、個別のお客様の詳しい内容については、専門家による情報提供が求められます。このため、多くの金融機関では、年金の専門家である社会保険労務士を招いて年金相談会を開催しています。

「私の場合はどうなの?詳しく知りたい」といったお客様には、自行庫で開催する年金相談会があれば案内するとよいでしょう。

有効活用できるよう支援