商談
(画像=PIXTA)

金融機関の人と話すときに普段より緊張するというお客様は実に7割を超えるといわれています。緊張している状態では、口数も少なくなりがちです。

話させ上手の行職員は、自然と会話のキャッチボールが増えていく"話させ上手の基本"を習慣にしています。例えば、会話の始まりである挨拶では、必ずお客様の目を見て、笑顔で「おはようございます!」「こんにちは!」などとはきはきとした声で伝えます。