注意
(画像=PIXTA)

Q.取引フィルタリングとはどのようなもの?
 注意フラグが立ったらどう対応すればいいの?

バンクビジネス2月号
(画像=バンクビジネス)

  金融機関では、マネロン等リスクを低減するために、取引開始時や一定の取引を行う際に、取得・保有するお客様情報・取引情報と、経済制裁対象者・反社会的勢力対象者等のリストとを照合する「取引フィルタリング」(リスト・スクリーニング)を実施します。

これは、金融庁のマネロン等対策ガイドラインにおいて「取引類型に係る自らのリスク評価を踏まえながら、個々の取引について、異常取引や制裁対象取引を検知するために適切な取引モニタリング・フィルタリングを実施すること」が求められている背景もあります。