実務に関わる改正内容を理解し取引先への情報提供に努めよう
(画像=PIXTA)

「約120年ぶりの大改正!」「私たちの暮らしが大きく変わる」──今年4月1日に施行される「改正民法(債権法)」が、大きな注目を集めている。

改正民法が金融機関に与える影響について、ここで改めて言及する必要はないだろう。法定利率が3%になる、保証に関して主債務の履行状況に関する情報提供義務が創設されるなど、融資実務が大きく変わるが、各金融機関では今まさに融資関連書類の条項見直しや研修が進んで いるはずだ。

ここで忘れてはならないことがある。今般の改正は金融機関のみならず、一般事業会社の企業活動にも大きな影響を与えるということだ。