特に改正の影響を受ける 賃貸オーナーに対してこんな情報提供を行おう
(画像=PIXTA)

賃貸物件に関する主な改正と賃貸オーナーへの説明ポイントを紹介する。

1.賃貸不動産に関する主な改正点を押さえる

賃貸借契約に関連する改正については、例えば敷金や原状回復義務に関する部分のように、これまでの取扱いを明文化したものと、賃貸借契約の包括根保証に関する部分のように取扱いが大きく変わるものとがあり、後者は特に情報提供の必要性が高いところだ。

以下では、主な改正を挙げて、情報提供のポイントを紹介していきたい。

敷金に関する規定を民法で初めて明文化