第一線で働く行職員が金融業界に問題提起
(画像=PIXTA)

気候変動リスクや融資のインパクトを可視化する手法を確立しESG評価を進めていくべきだ

地域金融機関は「将来のため」の観点で、自然災害リスクへの対応や地域の価値の見直しに取り組む必要がある。これまで見てこなかった・見えていなかったものを可視化する手法の確立が求められよう。

地域活性化・地方創生は子孫の目線で成されるべき