部下後輩の成長に差がつく11
(画像=metamorworks/Shutterstock.com)

課長になったので部下をしっかり教育したいと思うのですが、叱りすぎたり褒め忘れたりして、反省することもしばしばです。部下の成長につながる叱り方・褒め方があれば教えてください。

最近の若い人は「叱られた経験がないので、叱らずに褒めて育てることが大切だ」といわれます。しかし、当人の行動が組織のルールや社会人としてのマナーに反していたときに、目をつぶって何も言わないのでは教育をしていることになりません。

まずは、叱り方・注意の仕方について解説します。

①ダメな理由を説明する

「ダメじゃないか!」と叱るだけでなく、「なぜダメなのか」を説明するようにしてください。例えば、メールで病欠の連絡を済ませている部下を注意する場合、「病気の程度(数日かかりそうか)や引継ぎ事項の確認をするので、電話で連絡することが大切」と説明します。

②前置きをしない

叱るときは、当人に問題があることをはっきりと伝えます。変に気を使って「指示が悪かったかもしれないが…」「悪いのは君だけではないが…」などと前置きをすると、叱られた経験が少ない人は「自分は悪くないんだ」と思ってしまうこともあります。

皆に聞こえる場所や酒の席での叱責はNG