老後も自宅で暮らしたいと思っていても、体が不自由になったり介護が必要になったりすると、自宅での生活が困難になることも考えられます。老後を自宅ではなく、高齢者専用の住居施設で過ごす場合、どのような選択肢があるのでしょうか。代表的な3つの施設の特徴を見てみましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

シニア向け,住宅,違い
(画像=B Brown/Shutterstock.com)

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー構造で見守りサービスなど契約に関する基準を満たす賃貸住宅のことです。原則、居室の広さは25平方メートル以上で、キッチンやトイレ、収納、洗面設備、浴室を備えています。少なくとも日中はケアの専門家が建物に常駐し、安否確認や生活相談などのサービスを行います。

介護が必要になった場合には、地域の訪問介護などの介護サービスを利用します。入居費用は、入居時に約44万円、月額費用は約20万円が相場となっています(2019年12月の東京都。LIFULL調査より)。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、食事や生活支援、介護などのサービスが受けられる居住施設です。有料老人ホームは受けられるサービスにより、「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」などに分類されます。

介護付有料老人ホームでは、食事の提供や24時間体制での介護、リハビリ、健康管理などのサービスが受けられます。

住宅型有料老人ホームでは、食事の提供や生活支援などのサービスが受けられますが、介護が必要になった場合には訪問介護などの介護サービスを利用します。

健康型有料老人ホームは、介護の不要な元気な高齢者を対象としていて、食事などのサービスが受けられます。スポーツジムなどの設備が充実している一方、介護が必要になった場合には、契約を解除して退去しなくてはいけません。

入居費用に関しては施設によって大きく幅があり、入居時には約830万円、月額費用は約27万円が相場となっています(前出のLIFULL調査より)。

特別老人ホーム(特別養護老人ホーム)

特別養護老人ホームは公的な介護保険施設で、入居対象は65歳以上で要介護3以上です。介護やリハビリ、日常の健康管理などのサービスを受けることができます。公的な施設のため、収入が少なくても入居が可能です。毎月の費用は、介護度と居室タイプによって異なります。

自宅で生活できなくなった場合も、できるだけ希望通りの生活ができるよう、元気なうちに調べておきたいものです。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力