交通安全白書によると、75歳以上のドライバーによる事故の割合は年々増えています。そのため高齢ドライバーに対する免許返納を求める声が広がっています。一方で、車社会である地方では免許返納が難しい場合もあります。そうした中、運転サポートや事故後の処理に役立つドライブレコーダー特約の付いた自動車保険が注目を集めています。

ドライブレコーダー特約とは

高齢者,事故割合,ドライブレコーダー特約
(画像=Helioscribe/Shutterstock.com)

ドライブレコーダー特約とは、保険会社からドライブレコーダーを毎月定額でレンタルし、そのドライブレコーダーを通じて運転診断や事故対応などのサービスを受けられる特約です。自分で搭載するドライブレコーダーは運転を録画して事故原因などを特定するのに役に立ちますが、ドライブレコーダー特約ではその機能に加えて、さまざまなサービスを受けられます。

ドライブレコーダー特約のサービス内容とは?

ドライブレコーダー特約で受けられる主なサービスには次のようなものがあります。

運転診断サービス

ドライブレコーダーが事故につながる恐れのある運転状況や動作を検知すると、ドライバーに安全運転支援アラートを配信し注意喚起を促します。またドライバーの急発進や急減速などの運転傾向に加え、安全運転支援アラートなどの配信状況について定期的に結果をレポートしてくれます。

レポートでは分析内容を点数化し、同年代のドライバーと比較するなど、自分の運転技術を客観的に知ることができます。このレポートを家族と共有することで、例えば高齢の親の運転能力の変化に気づくきっかけにもなります。

まさかの事故に備えた事故報告機能

ドライブレコーダーが一定以上の衝撃などを感知すると、事故と判断して、位置情報や衝撃感知時の記録を保険会社に自動的に送信します。ドライブレコーダーを通じてオペレーターがドライバーに安否確認コールを行い、事故の初期対応に必要なアドバイスや緊急車両の手配などのサポートをしてくれるので、自分から連絡する必要がなく、いざというときにも安心です。

年々ドライブレコーダーを搭載する人は増えていますが、ドライブレコーダー特約ではドライバーはもちろん、見守る家族も安心できるサービスを提供しています。一度検討してみてはいかがでしょうか。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力