不動産投資を検討しているならば、まずはセミナーに足を運ぶといいでしょう。

確かにインターネットで、基礎的な知識や専門用語を調べることはできますが、最新のトレンドや不動産市場の動向といった生の情報を知ることはできません。こういった情報を得る際に、積極的に活用したいのが不動産投資セミナーです。

今回は、初心者にとって役立つ不動産投資セミナーと、初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーの見分け方や、セミナーを上手に活用する方法を徹底解説します。不動産投資セミナーへの参加を迷っている人は参考にしてください。

初心者にとって役立つ不動産投資セミナーの3つの特徴

PIXTA,セミナー
(画像=PIXTA)

まだ検討を始めたばかりの初心者にとって役立つ不動産投資セミナーの特徴を3つ紹介します。すでに気になっている不動産投資セミナーがある人は、順番にチェックしてみてください。

都内のマンション投資を扱っている

不動産投資には、様々な種類があります。その中でも、比較的、低リスクなのが都内の物件で行うマンション投資です。

不動産投資の全くの初心者に、リスクの高い地方物件や戸建て投資をすすめるセミナーは、あまりおすすめできません。

また、同じ都内のマンションでも、新築か中古かで投資スタイルは大きく異なります。なるべくリスクを抑えて始めたいと考えている方には、中古ワンルームマンション投資を紹介するセミナーが向いているでしょう。

不動産投資の悪い面も内容に盛り込まれている

不動産投資の魅力やメリットばかりを強調し、リスクやデメリットに一切ふれないセミナーは、実は数多くあります。

投資家の利益を最優先する不動産会社であれば、不動産投資のリスクやデメリットにもきちんと言及するはずです。セミナーの内容を確認し、悪い面も盛り込まれているかどうかを確認しましょう。

主催会社の実績が豊富

実績が豊富な不動産会社のセミナーなら、セミナーでしか得られない情報を得ることができる可能性が高くなります。

実績のある不動産会社は、セミナーの内容にも事例や実績を多く盛り込むことができます。逆に実績の少ない不動産会社は、抽象的な話や一般論しか語ることができません。

初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーの3つの特徴

不動産投資セミナーに参加して、しつこい勧誘を受けたという話を聞くことがあります。

不動産会社も企業である以上、無償で情報提供をすることはありません。不動産投資に興味のある見込み客と接触する場としてセミナーを開催しています。中には、セミナーをきっかけに強引な営業をかけてくるような会社もあるのが事実です。

せっかく時間を割いてセミナーに行くなら、参加を後悔するようなセミナーは避けたいものです。初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーを見分けるポイントを3つ紹介します。

「絶対もうかる」といったあおり文句が目立つ

不動産投資は堅実に資産形成できる優れた投資方法ですが、投資である以上、当然リスクがあります。「絶対もうかる」といったあおり文句が目立つセミナーは、あえて情報リテラシーの低い層を引き込もうとしている可能性があります。

「所得税の節税」をうたっている

不動産投資で赤字が出た場合、赤字の金額を給与所得から差し引くことができます。特に初年度は、購入時の手数料や不動産取得税などを経費計上できるため、赤字になるケースもあります。

しかし、2年目以降も赤字では、結局手元資金は増えません。利益が出ればその分所得税が発生しますが、利益を出してこそ資産形成が可能になるのです。所得税の節税を過度にアピールするセミナーを通じて、収支が見合わない割高な物件の購入を勧められる可能性もありますので、注意が必要です。

「自己資金0円」を強調している

最近では、頭金を支払わなくても、フルローンで不動産投資ができるケースも増えてきました。

ただ、まったく貯金のない人が不動産投資をするのはリスクが大きすぎます。購入後のリスクやコストを考えると最低でも100万円程度の現預金は生活費とは別に用意できていなければ、不動産への投資は現実的ではないでしょう。

「自己資金0円」「頭金0円」を過度に強調するセミナーを主催する会社は、不動産所有後のリスクに無頓着な可能性があるので、注意が必要です。

セミナー参加前にホームページ情報をチェック

セミナー参加の前に、可能な限りセミナーを主催する会社のホームページをチェックしましょう。

信頼できる不動産会社かどうかを見極めるためのチェック項目を、簡単に下記にまとめました。

1.創立年月日

創立からあまり時間の経っていない不動産会社も多いため、注意しましょう。できれば20年以上の実績があると安心です。

2.管理戸数と入居率

管理戸数と入居率は、オーナーにとって最も知りたい情報です。管理戸数と入居率に自信があるなら、必ず公開しているはずです。この2つの情報を公開していない場合、数字が不都合であり公開できないという可能性まで出てきます。

3.過去のセミナー開催実績やメディア掲載実績

セミナーについては、定期的に開催されているかをチェックしましょう。

また、認知度の高いメディアで取り上げられていたり、書籍を発行したりしていると、さらに安心感が増します。不動産投資では、実績数に応じてノウハウが蓄積されていきます。セミナー開催実績やメディア掲載実績、書籍情報から、信頼できる不動産会社かどうかを見極めましょう。

セミナー参加後に対面で話を聞く意味

不動産投資セミナーの参加費は、多くの場合、無料です。それは主催会社にとって、不動産投資に興味のある見込み客に営業を行うきっかけとなるからです。

多くの会社は、参加者からの質問に丁寧に応じてくれるでしょうが、中には、セミナー後に参加者をなかなか帰さず、あの手この手で申込みや契約をとろうとする不動産会社もあります。

ただし、講師や社員は、不動産投資に精通している専門家です。多くのオーナー、物件と接し、最新の情報に明るい人がほとんどですから、せっかくセミナーに出向いたなら、ぜひこの機会を活用しましょう。

セミナー内容と直接関係ない内容について相談してもかまいません。セミナー参加前に、聞きたいことをまとめて書き出しておくのもおすすめです。

体系的な情報は、インターネットや書籍からでも得ることができます。セミナーに参加するメリットは、何といっても生の情報に触れられることです。セミナーでしか得られない情報を得るため、質問や相談を積極的に活用しましょう。

もちろん、無理に売りつけてくるようなことがあれば、毅然とした態度でお断りしましょう。名刺を渡されるタイミングで「今日は買いませんよ」とジャブを放っておくくらいでも問題ありません。

セミナー選びは不動産会社選び|信頼できる不動産会社はどうやって見分ける?

不動産の販売と管理をどちらも行っている会社は、不動産オーナーの利益を第一に考えているケースが多いと言えます。

理由はシンプルで、仲介や販売だけを専門としている不動産会社は、仲介や販売が終わればオーナーとの関係はそれっきりになるからです。その後入居率が下がったり家賃が下落したりしても、不動産会社が責任を負う必要はありません。

その点、販売と管理のどちらも担っている会社であれば、責任もって物件を紹介してくれます。また、仲介や販売が終わったあとも、管理部門が継続的にサポートしてくれるため、安心感があります。

物件選びより不動産会社選びを優先すべき理由

不動産投資で成功したいなら、物件選びより不動産会社選びを優先しましょう。

インターネット上の物件情報としては出回っていない優良な物件を、不動産会社が所有していることもあります。信頼できる不動産会社を見つければ、そういった優良な物件を、不動産会社から直接購入することもできるでしょう。

物件情報をあれこれ検索しても、専門家の視点を入れなければ、それほど意味がありません。素人判断で優良な物件を見極めるのは至難の業なので、専門家を上手に活用しましょう。

信頼できる専門家を見つけ不動産投資を成功させる

不動産投資セミナーに参加することは、不動産会社の力量を見極めるという点でもおすすめです。いくつかの不動産投資セミナーに参加すれば、講師の質や相談に乗ってくれる担当者の質によって、信頼に足る不動産会社かどうかを見抜けるようになるはずです。

信頼できる不動産会社を見つけることができれば、最新の情報提供を受けながら不動産投資に取り組めます。不動産投資で成功すれば、資金的にも精神的にもゆとりが生まれ、自分や家族にとって幸せな生活を送ることができるでしょう。