不動産投資を検討しているならば、まずはセミナーに足を運ぶといいでしょう。

確かにインターネットで、基礎的な知識や専門用語を調べることはできますが、最新のトレンドや不動産市場の動向といった生の情報を知ることはできません。こういった情報を得る際に、積極的に活用したいのが不動産投資セミナーです。

今回は、初心者にとって役立つ不動産投資セミナーと、初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーの見分け方や、セミナーを上手に活用する方法を徹底解説します。不動産投資セミナーへの参加を迷っている人は参考にしてください。

目次

  1. 1.不動産投資セミナーに出席する前に知っておくべきこと
    1. 1-1.不動産投資セミナーで「イロハ」を学ぶことの重要性
    2. 1-2.不動産投資会社や管理会社が持っている生の情報に触れる
    3. 1-3.不動産投資セミナーの主催者の狙いを理解する
    4. 1-4.セミナーの商品が良いとは限らないので注意
  2. 2.セミナーに行く前に知っておきたい!不動産投資の種類とは?
    1. 2-1.新築区分マンション投資の特徴とは?メリット・デメリットも解説
    2. 2-2.中古区分マンション投資の特徴とは?メリット・デメリットも解説
    3. 2-3.一棟マンション投資の特徴とは?メリット・デメリットも解説
    4. 2-4.その他の不動産投資について知る
  3. 3.セミナーに参加する3つのメリット
    1. 3-1.セミナー参加者しかもらえない情報がある
    2. 3-2.資産形成のモチベーションが上がる
    3. 3-3.非公開物件を紹介してもらえる可能性も
  4. 4.初心者にとって役立つ不動産投資セミナーの3つの特徴
    1. 4-1.都内のマンション投資を扱っている
    2. 4-2.不動産投資の悪い面も内容に盛り込まれている
    3. 4-3.主催会社の実績が豊富
  5. 5.失敗事例紹介セミナーも有益
  6. 6.初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーの5つの特徴
    1. 6-1.「絶対もうかる」といったあおり文句が目立つ
    2. 6-2.「所得税の節税」をうたっている
    3. 6-3.「自己資金0円」を強調している
    4. 6-4.「専門家登壇」が売り文句
    5. 6-5.法人を活用した不動産投資をすすめている
  7. 7.実際に開催されているセミナー
    1. 7-1.はじめての不動産投資を学ぶオンラインセミナー
    2. 7-2.REISMベーシックセミナー
    3. 7-3.ファイナンスから知る今あなたにできる不動産投資 ほか
    4. 7-4.投資用マンション選びで、「得する人」「損する人」 ほか
    5. 7-5.0から始めるウルトラマンション経営スタートアップセミナー
    6. 7-6.景気に強い投資を知ろう。ランドネットのマネーセミナー
    7. 7-7.ゼロから始める不動産投資セミナー
    8. 7-8.コロナ不況が与えた不動産投資への影響とは?
  8. 8.セミナー参加前にホームページ情報をチェック
    1. 8-1.創立年月日
    2. 8-2.管理戸数と入居率
    3. 8-3.過去のセミナー開催実績やメディア掲載実績
  9. 9.セミナー参加後に対面で話を聞く意味
  10. 10.セミナー選びは不動産会社選び|信頼できる不動産会社はどうやって見分ける?
  11. 11.物件選びより不動産会社選びを優先すべき理由
  12. 12.信頼できる専門家を見つけ不動産投資を成功させる

1.不動産投資セミナーに出席する前に知っておくべきこと

PIXTA,セミナー
(画像=PIXTA)

「不動産投資セミナーに参加しよう!」と考えた際に注意すべきことがあります。新しいことに挑戦する時、人は無意識に浮足立ってしまうものです。

「とりあえず参加しよう」といった軽い気持ちでセミナーに申し込んだ結果、冷静さを欠いた投資判断をしてしまい、後悔するケースも考えられます。

後悔しないために大切なのは、不動産投資セミナーの主催者の目的を知ることと、自分自身の目的を明確にしたうえで参加することです。

まず、不動産投資セミナーに参加する人が知っておくべきことをわかりやすく解説していきます。

1-1.不動産投資セミナーで「イロハ」を学ぶことの重要性

最初に強調しておきたいのが、不動産投資セミナーで、不動産投資の「イロハ」を学ぶことは、非常に意味があるということです。

どんなことでも独学で成し遂げようとすれば、時間がかかる上に、失敗したり挫折したりするリスクも高まります。成功までのステップを効率的に歩みたいと思うなら、他者の知識や経験に学ぶことは欠かせません。

その意味で、参加すべき不動産投資セミナーを見極めることができれば、非常に良い学びの場になるでしょう。

1-2.不動産投資会社や管理会社が持っている生の情報に触れる

不動産会社のセミナーに価値があるのは、生の情報に触れることができるという点です。不動産投資家が、賃貸物件を探している人や入居者から、直接話を聞ける機会はほとんどないでしょう。その点、不動産会社は常に生の情報と接しています。

不動産賃貸業をしている場合、物件探しをしている人がどのようなことを重視しているのか、時代に応じてトレンドがどのように移り変わっているのか、リアルタイムで把握できます。

不動産管理会社なら、入居者のクレーム対応をしたり、滞納した家賃を回収したりする中で、入居者の不満ポイントや地域ごとの入居者ニーズの違い、退居につながるリスクを知ることができます。

こういった生の情報を聞けることは、不動産投資セミナーに参加する大きなメリットだと理解しておきましょう。

1-3.不動産投資セミナーの主催者の狙いを理解する

不動産投資セミナーに参加する時、セミナー主催者の目的を考えたことはあるでしょうか?

ボランティアの特別なケースを除き、無償で相手のために何かしようとする人はいません。たとえセミナーが無料だとしても、そこには必ず主催者の狙いがあります。

具体的には、不動産投資の営業につなげるために不動産投資セミナーを開催している会社がほとんどです。セミナー開催後は、不動産会社の営業担当者から物件の紹介が行われることも多々あります。

セミナー主催者の目的を最初から認識しておくことで、その場で流されて誤った投資判断をしてしまうことを防げるでしょう。

セミナーを受けたあとは、ただでさえ不動産投資が魅力的に思えるものです。「あくまで情報収集なので、その場では投資判断をしない」といったマイルールを事前に定めていき、冷静さを欠いたままで購入申込みをしたりしないようにしましょう。

1-4.セミナーの商品が良いとは限らないので注意

不動産投資セミナーでは、特定の不動産投資のメリットを強調するタイプのセミナーがあります。しかし、物事には、いい面と悪い面があります。いい面を強調されたからといって、悪い面を見ずに投資判断をするのは危険です。

特定の商品のメリットを強調するようなセミナーに参加した場合は、後日きちんとデメリットを調べて情報を補完しましょう。メリット・デメリットについてバランスよく情報収集することが、不動産投資での成功につながります。

個別相談の機会があるなら、あえて営業担当者が話したがらないデメリットやリスクについて、徹底的に質問してみるのも有用な方法です。

2.セミナーに行く前に知っておきたい!不動産投資の種類とは?

不動産投資セミナー,選び方
(画像=franz-massard/stock.adobe.com)

セミナーに足を運ぶ前に、不動産投資の種類について、基本的な知識を押さえておきましょう。ひとくちに不動産投資といっても、区分なのか一棟なのか、新築なのか中古なのかによってまったく違ってきます。

不動産投資の種類別の特徴を把握しておくことは、セミナーを選ぶ時の指標にもなるでしょう。

2-1.新築区分マンション投資の特徴とは?メリット・デメリットも解説

不動産投資というと、建物を丸ごと所有するイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、実際の不動産投資は、ワンルームからスタートできます。このように、マンションの部屋の1室から行う不動産投資を、区分マンション投資といいます。

区分マンション投資の中でも、新築に絞った投資が新築区分マンション投資です。

新築区分マンション投資のメリットは、入居者がすぐに見つかる可能性が高いことです。一般的に、築浅の物件ほど入居者に歓迎されます。新築の物件は、その中でも最も人気があり、入居者を見つけやすいといえるでしょう。

不動産投資を始めても、入居者が見つからなければ、家賃収入は受け取れません。空室になるリスクが低く、入居者を見つけやすいことは、新築区分マンション投資の大きなメリットです。

また、新築であれば、すぐに修繕が必要になることはありません。家賃収入を受け取りながら、修繕費を少しずつ積み立て、将来に備えられます。不動産投資を始めてすぐに高額な修繕費が発生する可能性が低いのも新築区分マンション投資のメリットです。

続いて、新築区分マンション投資のデメリットもみていきましょう。

まず、新築の場合、新築プレミアムを考慮しなければなりません。新築プレミアムとは、新築であることで、本来の物件価値以上の価格設定がされることです。

建物一棟を丸ごと所有する場合と比較すると、ワンルームからスタートできる区分マンション投資は、手の届きやすい購入価格が魅力です。しかし、新築となると、実際の物件価値と比べて割高になり、購入価格が高額になることも少なくありません。

新築プレミアムで注意したいのは、状況が変わり、物件を手放さざるを得なくなった時のことです。たとえば、4,000万円の新築区分マンションで、新築プレミアムがその2割の800万円だったとしましょう。その場合、ほんの数年経過しただけでも、中古区分マンションとなり、3,200万円でしか売却できないといったことが起こりうるのです。

また、そもそも物件を売却できないリスクもあります。売却時にはローンの残りを完済しなければなりません。マンション投資は長期のローンを組んで購入することがほとんどですが、買って数年ではローンの残高はまだまだ残っています。前述の新築プレミアムがありますので、市場価格で売ってもローンを返し切ることができないという状況に 陥りがちです。

投資を始めたばかりで、新築プレミアムがどのくらい本来の物件価値に上乗せされているかを見極めるのは至難の業です。入居者が高いというメリットがある一方で、家賃収入に対する不動産投資ローンの割合金額が高額になったり、状況が変わった時に苦労したりするケースもあるので、十分注意しましょう。

2-2.中古区分マンション投資の特徴とは?メリット・デメリットも解説

続いて、中古区分マンション投資について解説していきます。

新築区分マンション投資に対し、中古ワンルームなど中古の区分マンションに投資する方法を、中古区分マンション投資といいます。

中古区分マンション投資のメリットは、新築区分マンション投資と比べ、初期投資額を抑えられることです。中古区分マンション投資の場合、市場価格をもとに売買されるので、新築プレミアムのように物件価値以上に割高になっている心配は少ないといえます。

初期投資額を抑えられるということは、利回りがよくなるということでもあります。毎月の家賃収入が9万円として、3,000万円の新築区分マンションに投資した場合と、2,400万円の中古区分マンションに投資した場合を比較してみましょう。それぞれの利回りは下記の通りです。

9万円×12ヵ月÷3,000万円=3.6%
9万円×12ヵ月÷2,400万円=4.5%

利回りの差は歴然としています。新築で家賃が多少高くても、中古区分マンションほどの利回りを達成する新築区分マンションはほとんどありません。それだけ、新築プレミアムの影響が大きいのです。

一方、中古区分マンション投資にもデメリットはあります。まず、修繕のリスクです。外観を見ていい物件だと思っても、入居者が住んでいる物件を購入する場合、内装設備など細かな部分まではチェックできません。

結果的に、購入後に問題が起き、すぐに修繕が必要になってしまうケースがあります。不動産投資を始めたばかりで高額な修繕費がかかると、資金の捻出に苦労することも。

修繕リスクを下げるには、かかりうる費用を事前に把握して余剰資金をプールしておくことです。エアコン・給湯器なら10~15年といった形で主な室内設備には、交換の目安となるサイクルがあります。修繕の履歴なども、可能な範囲で購入時に売り主に確認しておきましょう。いつかは起こりうることだと備えをすることで、修繕リスクは最小限に抑えられます。

中古区分マンション投資の特徴は、初期投資額が少なくてすみ、利回りが高いことです。そのため、中古区分マンション投資は不動産投資の初心者に向いているといわれています。

2-3.一棟マンション投資の特徴とは?メリット・デメリットも解説

一棟マンション投資とは、いわゆる建物を丸ごと一棟所有する不動産投資のことです。複数の部屋を所有することになるため、「1部屋あたりの家賃×部屋数×入居率」が受け取れる家賃収入となります。

一棟マンション投資のメリットは、部屋が複数あるからこそ、家賃収入がゼロになる確率は低いことです。区分マンション投資でワンルームを1室しか所有していないと、入居者が退去してから次の入居者が見つかるまで、家賃収入はゼロになります。

一棟マンション投資の場合、入居率が下がることはあっても、全室空室になる可能性は低いといえるでしょう。

一方、一棟マンション投資のデメリットは、初期投資額が非常に高額になることです。建物を丸ごと一棟所有するとなると、物件の購入価格が1億円を超えてくることも少なくありません。そうなると、そもそも不動産投資の実績がない状態では、不動産投資ローンを組めない可能性も出てきます。

また、当然ですが、初期投資額が大きくなるほど失敗した時のリスクは大きくなります。不動産投資ローンが高額になると、毎月の返済額も高額になります。家賃収入がゼロになることはなくとも、入居率が下がることで、収支がマイナスになるリスクがあります。

さらに、一棟マンション投資の場合、リスクを分散することができません。区分マンション投資の場合、複数の物件のワンルームを所有すれば、自然とリスクも分散できます。たとえば、災害によってとある物件がダメージを受けても、他の物件の家賃収入を修繕費に充てられるでしょう。

しかし、一棟マンション投資だと、万が一所有する物件が災害によって深刻なダメージを受けた時、多額の修繕費用を自己資金から捻出しなければならなくなることがあります。リスク分散ができないことは、一棟マンション投資の大きなデメリットです。

2-4.その他の不動産投資について知る

新築区分マンション投資、中古区分マンション投資、一棟マンション投資の特徴を紹介してきました。不動産投資には、このほかにも、一戸建てを所有して賃貸する方法もあります。

戸建て投資は一度入居者が決まれば長期入居になる傾向があります。ただし管理やリフォームの知識が必要という点は初心者にはハードルとなるケースもあり、リフォーム費用が想像以上にかかり、大きなマイナスからのスタートになることも。上手く割安な戸建てを購入し、適正なリフォームを加えることが出来れば面白い投資になるケースがあります。

3.セミナーに参加する3つのメリット

不動産投資セミナー,選び方
(画像=Worawut/stock.adobe.com)

不動産投資の基礎知識について解説したので、続いては、不動産投資セミナーに参加するメリットをお伝えしていきます。

3-1.セミナー参加者しかもらえない情報がある

セミナー後に個別相談の場を設けている不動産投資セミナーもあります。個別相談をすれば、自分の希望に基づいたシミュレーションを作成してもらえることも。

書籍やインターネットで体系的な知識を身につけても、結局は一般論です。大切なのは、自分に置き換えた場合にどうかということ。不動産投資セミナーを活用することで、実際にどのくらいの物件に投資できそうなのか、どのくらいの家賃収入を受け取れるのか、個別具体的なアドバイスを受けられる可能性は高いでしょう。

3-2.資産形成のモチベーションが上がる

「資産形成を始めたい」と言いつつ、なかなか行動を起こせていない人は少なくありません。書籍やインターネットで情報収集をしても、それだけで終わってしまうこともしばしば。

しかし、不動産投資セミナーに参加することで、講師やセミナー参加者から刺激を受けられます。不動産投資セミナーに参加することそのものが、モチベーションアップにつながるでしょう。

仕事でも投資でも、成功するにはモチベーションが重要です。最初の一歩を踏み出すために、不動産投資セミナーは有効な場といえるでしょう。

3-3.非公開物件を紹介してもらえる可能性も

不動産投資を始めようと考えた時、インターネットで物件探しをスタートする人がいます。しかし、これは正しい順序とはいえません。実は、インターネットに公開されていない非公開物件がたくさんあります。

このような非公開物件の情報を得てこそ、条件のいい物件に巡り会える可能性がぐっと高まります。

不動産投資セミナーで個別相談の場を活用すれば、非公開物件の情報をもらえる可能性があります。

4.初心者にとって役立つ不動産投資セミナーの3つの特徴

不動産投資,セミナー
(画像=PIXTA)

続いては、初心者にとって役立つ不動産投資セミナーの特徴を3つ紹介します。すでに気になっている不動産投資セミナーがある人は、順番にチェックしてみてください。

4-1.都内のマンション投資を扱っている

不動産投資には、様々な種類があります。その中でも、比較的、低リスクなのが都内の物件で行うマンション投資です。

不動産投資の全くの初心者に、リスクの高い地方物件や戸建て投資をすすめるセミナーは、あまりおすすめできません。

また、同じ都内のマンションでも、新築か中古かで投資スタイルは大きく異なります。なるべくリスクを抑えて始めたいと考えている方には、中古ワンルームマンション投資を紹介するセミナーが向いているでしょう。

4-2.不動産投資の悪い面も内容に盛り込まれている

不動産投資の魅力やメリットばかりを強調し、リスクやデメリットに一切ふれないセミナーは、実は数多くあります。

投資家の利益を最優先する不動産会社であれば、不動産投資のリスクやデメリットにもきちんと言及するはずです。セミナーの内容を確認し、悪い面も盛り込まれているかどうかを確認しましょう。

4-3.主催会社の実績が豊富

実績が豊富な不動産会社のセミナーなら、セミナーでしか得られない情報を得ることができる可能性が高くなります。

実績のある不動産会社は、セミナーの内容にも事例や実績を多く盛り込むことができます。逆に実績の少ない不動産会社は、抽象的な話や一般論しか語ることができません。

>>【ほぼ毎日開催】自宅で学べる!初心者向け不動産投資オンラインセミナー

5.失敗事例紹介セミナーも有益

不動産投資セミナー,選び方
(画像=kaspars-grinvalds/stock.adobe.com)

「失敗は成功のもと」というように、失敗事例の中には、成功するための秘けつが詰まっています。また、リアルな失敗事例というのは、なかなか耳にすることができません。多くの場合、失敗した人はそれを恥ずかしいと思い、口をつぐんでしまうからです。

だからこそ、失敗事例を紹介してくれる不動産投資セミナーには、大きな価値があるといえます。

「行ったこともない地方の物件を購入したが、空室だらけで家賃を得られなかった」「新築なら間違いないと思って買ったが、収支がマイナスで返済に苦労している」など、不動産投資における失敗事例にはさまざまなものがあります。

失敗事例を自分なりにかみ砕く中で、成功への正しい道筋が見えてくるでしょう。

6.初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーの5つの特徴

不動産投資セミナー,選び方
(画像=garage38/stock.adobe.com)

不動産投資セミナーに参加して、しつこい勧誘を受けたという話を聞くことがあります。残念ながら、セミナーをきっかけにして強引な営業をかけてくるような不動産会社もあるのは事実です。

せっかく時間を割いてセミナーに行くなら、参加を後悔するようなセミナーは避けたいものです。初心者は気をつけるべき不動産投資セミナーを見分けるポイントを5つ紹介します。

6-1.「絶対もうかる」といったあおり文句が目立つ

不動産投資は堅実に資産形成できる優れた投資方法ですが、投資である以上、当然リスクがあります。「絶対もうかる」といったあおり文句が目立つセミナーは、あえて情報リテラシーの低い層を引き込もうとしている可能性があります。

6-2.「所得税の節税」をうたっている

不動産投資で赤字が出た場合、赤字の金額を給与所得から差し引くことができます。特に初年度は、購入時の手数料や不動産取得税などを経費計上できるため、赤字になるケースもあります。

しかし、2年目以降も赤字では、結局手元資金は増えません。利益が出ればその分所得税が発生しますが、利益を出してこそ資産形成が可能になるのです。所得税の節税を過度にアピールするセミナーを通じて、収支が見合わない割高な物件の購入を勧められる可能性もありますので、注意が必要です。

6-3.「自己資金0円」を強調している

最近では、頭金を支払わなくても、フルローンで不動産投資ができるケースも増えてきました。

ただ、まったく貯金のない人が不動産投資をするのはリスクが大きすぎます。購入後のリスクやコストを考えると最低でも100万円程度の現預金は生活費とは別に用意できていなければ、不動産への投資は現実的ではないでしょう。

「自己資金0円」「頭金0円」を過度に強調するセミナーを主催する会社は、不動産所有後のリスクに無頓着な可能性があるので、注意が必要です。

想定されるリスクについて説明し、それをまかなえるだけの資金があるかどうかを投資家に確認するのが、誠実な姿勢です。「自己資金0円」というインパクトのある言葉に踊らされず、本当に信頼できる不動産会社かどうかをきちんと見極めましょう。

6-4.「専門家登壇」が売り文句

「税理士が語る」「会計士が解説」「有名ファイナンシャル・プランナーが登壇」といった文言が入ると、それだけで他では得られない貴重な情報が得られるように感じる人は多いのではないでしょうか。

しかし、当たり前の話ですが、たとえば税理士は税金の計算をするための専門資格であって、お金に関わる専門家といっても必ずしも不動産投資に精通しているわけではありません。

もちろん、不動産投資と税金には、切っても切り離せない面がありますから税知識などを学ぶことは無駄ではありませんが、不動産投資のことはまずは不動産のプロから話を聞くことをおすすめします。

6-5.法人を活用した不動産投資をすすめている

初心者に対しても、資産管理法人を作り、法人で不動産を購入する方法を紹介するセミナーは要注意です。

所有物件の数が増え、利益が一定以上になれば、法人化することでメリットを享受できることもありますから、一概に法人化という手法が悪いわけではありません。

しかし、借り入れが残っていたり、所有戸数が10戸未満のほとんどの個人投資家にとって、法人化するメリットは、実はあまりないのが実際のところです。

法人化することで、個人の申告と法人の申告が必要になります。 不動産会社にとっては、提携する税理士の受け取れる税理士報酬に貢献することができます。また、法人化サポートという内容で、税理士や不動産会社が一定の手数料を受け取るケースもあります。

また「1法人1物件スキーム」「消費税還付」といったコンプライアンス的に極めてグレーな手法を行うことを前提に法人化を斡旋する会社もまだあると聞きますので、慎重に検討しましょう。

7.実際に開催されているセミナー

不動産投資セミナー,選び方
(画像=garage38/stock.adobe.com)

現在でも平日の夜や週末に様々なセミナーが行われています。最近は新型コロナウイルス の影響もあり、オンラインで受講できるセミナー(ウェビナー)も増えています。これらのセミナーをいくつか挙げて、その特徴を解説します。

7-1.はじめての不動産投資を学ぶオンラインセミナー

投資の種類:中古区分マンション投資
会社名:株式会社日本財託
設立年:1990年10月
資本金:8,000万円
売上高:240億7,100万円(2020年9月決算)
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F・10F・13F
社員数:240名

・創業30年の実績があり、投資用ワンルームの販売・管理では業界トップ
・10時から21時の間でほぼ毎日開催
・セミナーには延べ24,000名以上が参加。オンラインと対面型を選択可能
・オンラインはZOOMを利用したウェビナーで気軽に参加できる
・不動産投資を実際に行なっている講師陣が登壇
・管理戸数23,000戸以上・入居率99%以上の管理実績にもとづくデータとノウハウ
・「都内」「中古」「ワンルーム」に特化し、不動産投資のメリットとデメリット、効率的なマンションの増やし方までを1時間程度で網羅的に学べる王道の構成

7-2.REISMベーシックセミナー

投資の種類:中古区分マンション投資
会社名:リズム株式会社
設立年:2005年12月
資本金:1億円
売上高:117億7,160万円(2019年11月期)
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町13-3
社員数:73名

・オンラインと来場型がそれぞれ別日程で用意されている
・リノベーションによって不動産の試算価値を向上させるノウハウに強み
・データを活用した物件選びも特徴
・不動産投資のメリットやデメリットなどの基本的な内容を解説
・アフターコロナ後の業界動向についても言及

7-3.ファイナンスから知る今あなたにできる不動産投資 ほか

投資の種類:区分マンション投資、一棟マンション投資ほか
会社名:株式会社シー・エフ・ネッツ
設立年:2000年
資本金:7,000万円
売上高:10億1,000万円(2019年8月期)
本社所在地:神奈川県鎌倉市大船2丁目19番35号 CFネッツ鎌倉ビル
社員数:120名

・区分ワンルーム・一棟アパートなどへの投資について解説
・物件選びに加え、不動産経営全般について学ぶことができる
・スタッフと一緒に物件を回り、選定ノウハウを磨くミニフィールドワークセミナーも実施
・YouTube上で「お金の健康診断『お金に困らない人生の歩き方』」などの講座も配信中

7-4.投資用マンション選びで、「得する人」「損する人」 ほか

投資の種類:区分マンション投資
会社名:和不動産
設立年:1978年10月
資本金:1,500万円
本社所在地:東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim7・8・9階

・オンラインでの開催(来場型もあり)
・東京23区の区分ワンルーム投資を推奨
・市場の評価とのズレを狙って割安物件を狙う方法を解説
・書籍やDVDなどの参加特典も

7-5.0から始めるウルトラマンション経営スタートアップセミナー

投資の種類:新築区分マンション投資
会社名:株式会社東京日商エステム
設立年:2004年11月
資本金:9,000万円
売上高:131億円(2019年2月期)
本社所在地:東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル20階
社員数:150名

・オンラインと来場型で選択可能
・オンラインはZOOMを利用したウェビナーで気軽に参加できる
・東京・大阪・名古屋の三大都市圏への新築区分ワンルームマンション投資を推奨
・入居率の高さを含めた物件管理に強み
・不動産投資の基本的なメリットとリスクを30分程度で解説する内容

7-6.景気に強い投資を知ろう。ランドネットのマネーセミナー

投資の種類: 中古区分マンション投資
会社名:株式会社ランドネット
設立年:1999年9月
資本金:1億円
売上高:357億円(2020年7月)
本社所在地:東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋 7階
社員数:414名

・オンラインと来場型で選択可能。オンラインはライブ中継。
・都内の中古ワンルームをメインに推奨
・来場者のみ、第二部に参加でき、そこで個別相談を実施。
・不動産投資のメリット・デメリット・リスクなど基本的な内容を解説。

7-7.ゼロから始める不動産投資セミナー

投資の種類:マンション投資
会社名:株式会社グローバル・リンク・マネジメント
設立年:2005年3月
資本金:5億900万円
売上高:250億8,600万円(2019年12月期 )
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号渋谷マークシティウエスト21階
社員数:110名

・オンラインでの開催がメイン
・ZOOMを利用したウェビナーで「挙手」の機能などを活用したインタラクティブな内容
・「都心にチカい」「駅チカ」「チカ(地価が高い)」の「三チカの新築物件」を推奨
・インカムゲインとキャピタルゲインの違いなど不動産投資の基本的な内容を解説

7-8.コロナ不況が与えた不動産投資への影響とは?

投資の種類:中古区分マンション投資
会社名:株式会社クレド
設立年:2011年12月
資本金:3,000万円
売上高:46億円(2019年実績)
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿1-24-4 ASKビル8階
社員数:24名

・オンラインセミナーは「ミュート必須、顔出しは任意、名前は表示」で気軽に参加できる
・不動産投資が合わない参加者には、FPの紹介も実施
・都内の築浅中古ワンルームへの投資を推奨
・優良物件の仕入れや家賃保証ありの賃貸管理に強み
・高単価商材であることや、高利回りではないなど不動産投資のデメリットも指摘
・その上で不動産投資と購入物件の種別(一棟と区分、新築と中古)ごとのメリットを解説

>>【ほぼ毎日開催】自宅で学べる!初心者向け不動産投資オンラインセミナー

8.セミナー参加前にホームページ情報をチェック

不動産投資セミナー,選び方
(画像=alex-from-the-rock/stock.adobe.com)

セミナー参加の前に、可能な限りセミナーを主催する会社のホームページをチェックしましょう。

信頼できる不動産会社かどうかを見極めるためのチェック項目を、簡単に下記にまとめました。

8-1.創立年月日

創立からあまり時間の経っていない不動産会社も多いため、注意しましょう。できれば20年以上の実績があると安心です。

8-2.管理戸数と入居率

管理戸数と入居率は、オーナーにとって最も知りたい情報です。管理戸数と入居率に自信があるなら、必ず公開しているはずです。この2つの情報を公開していない場合、数字が不都合であり公開できないという可能性まで出てきます。

8-3.過去のセミナー開催実績やメディア掲載実績

セミナーについては、定期的に開催されているかをチェックしましょう。

また、認知度の高いメディアで取り上げられていたり、書籍を発行したりしていると、さらに安心感が増します。不動産投資では、実績数に応じてノウハウが蓄積されていきます。セミナー開催実績やメディア掲載実績、書籍情報から、信頼できる不動産会社かどうかを見極めましょう。

9.セミナー参加後に対面で話を聞く意味

不動産投資セミナー,選び方
(画像=uts/stock.adobe.com)

不動産投資セミナーの参加費は、多くの場合、無料です。それは主催会社にとって、不動産投資に興味のある見込み客に営業を行うきっかけとなるからです。

多くの会社は、参加者からの質問に丁寧に応じてくれるでしょうが、中には、セミナー後に参加者をなかなか帰さず、あの手この手で申込みや契約をとろうとする不動産会社もあります。

ただし、講師や社員は、不動産投資に精通している専門家です。多くのオーナー、物件と接し、最新の情報に明るい人がほとんどですから、せっかくセミナーに出向いたなら、ぜひこの機会を活用しましょう。

セミナー内容と直接関係ない内容について相談してもかまいません。セミナー参加前に、聞きたいことをまとめて書き出しておくのもおすすめです。

体系的な情報は、インターネットや書籍からでも得ることができます。セミナーに参加するメリットは、何といっても生の情報に触れられることです。セミナーでしか得られない情報を得るため、質問や相談を積極的に活用しましょう。

もちろん、無理に売りつけてくるようなことがあれば、毅然とした態度でお断りしましょう。名刺を渡されるタイミングで「今日は買いませんよ」とジャブを放っておくくらいでも問題ありません。

10.セミナー選びは不動産会社選び|信頼できる不動産会社はどうやって見分ける?

不動産投資セミナー,選び方
(画像=tamayura39/stock.adobe.com)

不動産の販売と管理をどちらも行っている会社は、不動産オーナーの利益を第一に考えているケースが多いと言えます。

理由はシンプルで、仲介や販売だけを専門としている不動産会社は、仲介や販売が終わればオーナーとの関係はそれっきりになるからです。その後入居率が下がったり家賃が下落したりしても、不動産会社が責任を負う必要はありません。

その点、販売と管理のどちらも担っている会社であれば、責任もって物件を紹介してくれます。また、仲介や販売が終わったあとも、管理部門が継続的にサポートしてくれるため、安心感があります。

11.物件選びより不動産会社選びを優先すべき理由

不動産投資セミナー,選び方
(画像=maroke/stock.adobe.com)

不動産投資で成功したいなら、物件選びより不動産会社選びを優先しましょう。

インターネット上の物件情報としては出回っていない優良な物件を、不動産会社が所有していることもあります。信頼できる不動産会社を見つければ、そういった優良な物件を、不動産会社から直接購入することもできるでしょう。

物件情報をあれこれ検索しても、専門家の視点を入れなければ、それほど意味がありません。素人判断で優良な物件を見極めるのは至難の業なので、専門家を上手に活用しましょう。

12.信頼できる専門家を見つけ不動産投資を成功させる

不動産投資セミナー,選び方
(画像=maroke/stock.adobe.com)

不動産投資セミナーに参加することは、不動産会社の力量を見極めるという点でもおすすめです。いくつかの不動産投資セミナーに参加すれば、講師の質や相談に乗ってくれる担当者の質によって、信頼に足る不動産会社かどうかを見抜けるようになるはずです。

信頼できる不動産会社を見つけることができれば、最新の情報提供を受けながら不動産投資に取り組めます。不動産投資で成功すれば、資金的にも精神的にもゆとりが生まれ、自分や家族にとって幸せな生活を送ることができるでしょう。