割安・過小評価された有価証券のロング(買い持ち)と、割高・過大評価された有価証券のショート(売り持ち)のポジションを同時に持つ投資戦略。市場リスクを抑えながら投資収益を追求する戦略である。買い建てだけの運用では、成績がベンチマーク(運用成績のモノサシとするもの)を上回っていても、相場全体が下落した状況で運用成績をプラスとするのは難しい。一方、ショート(売り建て)している場合、ショート・ポジションについては安く買い戻せる状況となるので、運用成績にプラスの貢献をしていることになる。この買い(ロング)と売り(ショート)、2つのポジションをうまく組み合わせることで、市場全体の動きに関わらずに運用成績を向上させることを狙う。