すでに発行された有価証券が投資家の間で売買される場所。既発債を売買するためには、投資家から注文を受けた証券会社が、その注文を証券取引所に取り次ぎ、取引所で売買の相手方を探すか(=取引所取引)、証券会社自らが売買の相手方になって相対取引(=店頭取引)をするかの2つの方法がある。流通市場は既発行の債券が投資家間で転々とするのに対し、発行市場(プライマリーマーケット)という市場は、新たに発行される有価証券の出資者を募り、投資家がそれを購入する場所である。