分散投資は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法である。一つのものに投資するとなんらかの要因で投資対象の価値が下落した場合は投資資金がほとんどなくなってしまうので、そうしたリスクを軽減するために行われる投資手法である。主に、中長期の投資スタイルに向いている。値動きの異なる複数の資産に分散させれば、1つの投資対象の価値が下がってもその1つの投資金額は全体に比べたら少ないので、マイナス影響が小さくなる。また株式投資の場合は投資対象の倒産や上場廃止、外貨の場合はハイパーインフレーションなどの、決定的な事態によるダメージを軽減させる意味合いも持つ。 中長期間保持した場合、銀行金利を上回る程度のリターンを期待できる。