経済の基礎的な条件(景気動向、金利動向)を分析して相場動向を予想する方法の1つで過去と現在のデータを用いて行われる。その目標は業績予想である 。企業の場合は財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場。先物や為替の場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目し分析する。また対照的な方法としてテクニカル分析が存在するが、デイトレードなど短期〜中期的な予測に大してはテクニカル、長期的な予測としてはファンダメンタルを用いる傾向が強い。