「北米」「欧州」「アジア」「中東」「アフリカ」といった形で世界を7地域に分け、超富裕層の増加率を見ていきます。超富裕層の人数はいま全世界で年に1%ほど増えているとされていますが、その増加を牽引している地域はどこなのでしょうか。

3,000万ドル以上の純資産を持つ個人の伸び率トップは?

超富裕層,世界ランキング
(画像=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

地域別の超富裕層の増加率に関するデータとして、富裕層に特化した調査会社Wealth-Xが公表している2018年のデータを使用します。超富裕層の定義は「3,000万ドル以上の純資産を持つ個人」。では早速、増加率のランキングを紹介しましょう。増減率は前年比です。

1位:6.8%増 中東 2位:2.5%増 ヨーロッパ 3位:1.4%増 北米
4位:1.5%減 アジア
5位:1.6%減 パシフィック(オセアニア)
6位:3.2%減 アフリカ
7位:6.0%減 ラテンアメリカ・カリブ諸国

超富裕層の増加率がもっとも高いのは中東で、前年比で6.8%増。中東は産油国が多く、いまなおオイルマネー長者が続々誕生しています。最近ではオイルマネーに頼らずにテック企業誘致や創業支援に力を入れている国もあり、今後はIT長者の誕生でさらに伸び率を高めるかもしれません。

アメリカを含む北米は1.4%増、日本を含むアジアは1.5%減で、今後は現在6位のアフリカが中長期的にどれだけ順位を上げてくるかに注目が集まります。アフリカは「最後のフロンティア」とも呼ばれ、市場規模の大きさと成長の余地に着目して世界の大手企業の進出も目立ちつつあるからです。

超富裕層者数1位の地域は?

増加率のランキングとともに、超富裕層の人数ベースのランキングも紹介しておきます。

1位:91,740人 北米
2位:75,570人 アジア
3位:74,380人 ヨーロッパ
4位:9,710人 中東
5位:8,040人 ラテンアメリカ・カリブ諸国
6位:3,640人 パシフィック(オセアニア)
7位:2,410人 アフリカ

増加率で1位だった中東は人数ベースでは4位に甘んじています。このランキングをみると、世界においてまだまだ超富裕層界で存在感を示しているのはアメリカであることがわかります。

毎年更新されるランキングに注目

超富裕層の伸び率は各地域の経済情勢などによって大きく変わります。また石油の代替エネルギーに注目が集まるようになれば、中東の伸び率は大きく下がるかもしれません。毎年更新されるランキングに注目していきましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
PayPayは高額キャッシュバックをなぜこれほど頻繁に行えるのか
ところで、滝川クリステルさんが1億5,000万円保有する「国債」ってどんな商品?
年収1000万だとつらい……高所得者の実態とは?2019年ヒット記事10選
年収3,000万円世帯に人気の車は意外にも…?
年収5,000万になればできる高額な「大人の習い事」