3月3日といえば「ひな祭り」。毎年親がひな人形を飾ってくれた思い出を今でも大事にしている女性も多いのではないだろうか。

ただ、最近では昔ながらのしきたり・行事にこだわらないという人も少なくない。住宅事情もあって「女の子が産まれてもひな人形を買っていない」という人もいるだろう。しかし、できればかわいい娘のひな祭りを祝ってあげたいと思うのが親心だ。そこで今回は、ひな人形の相場をはじめ、昨今のひな祭り事情について紹介する。

女の子の健やかな成長と幸せを願うひな祭り

ひな人形の相場
(画像=PIXTA)

子どもの無病息災を祈る大切な行事として昔から伝わる節句。桃の節句、端午の節句、星祭(七夕)などいくつかの節句があるが、女の子の場合は3月3日の桃の節句を祝うのが慣習となっている。ちょうどこの時期に咲く桃は、はるか昔に中国から伝わった植物だが中国では子孫繁栄をもたらす霊木として桃の実を不老長寿の仙薬とする伝説もあった。また、桃には邪気をはらう力があるとされ昔から人々が好んで飾っていたとも言われている。

日本では、桃の節句の時期に草木や紙で人の形をつくり、その人形で自分の身体をなでて厄を移し、水に流してはらっていたと伝わっている。平安時代、江戸時代などひな祭りの起源には諸説あるが、昔の人々の行いが「桃の節句」にひな人形を飾るひな祭りとして女の子の健やかな成長と幸せを願う行事になった。

いつのころからか幸せな結婚や子孫繁栄の願いも込められるようになり、現在もずっと受け継がれている。子どもが生まれて初めて迎える節句を「初節句」と言う。女の子の場合にはひな人形を買い、身内や親しい人を招いてお披露目したり、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、白酒やひなあられなどを楽しんだりする家庭もあるだろう。

ひな人形の相場はいくら?

これからひな人形を買う予定の場合、気になるのがひな人形の価格だろう。思った以上に値が張るひな人形は、親にとって大きな出費になるため、前もって相場を頭に入れておくのが賢明だ。とはいえひな人形の価格は製作者やボリューム、着物などの素材によってもピンキリである。それでも飾りタイプによる相場感は大体つかんでおこう。

・平飾り(親王飾り)
お内裏様(男びな)とおひな様(女びな)を並べたものを親王飾りという。人形の数が少なくサイズもコンパクトであるため場所を取らず飾りやすい。相場は約5万~45万円。

・3段飾り(ひな人形5人飾り)
男びな・女びなに加えて三人官女、重箱や御駕籠(おかご)などのお道具が3段に分かれて並べられる。お道具の種類や精巧さなども価格に影響する傾向だ。相場は約8万~50万円。

・7段飾り(ひな人形15人飾り)
男びな・女びな、三人官女、五人囃子、左大臣、右大臣、仕丁(3人)の総勢15人とタンスや重箱、御所車といったお道具が7段に分かれて並べられる。童謡「うれしいひなまつり」でも、「五人囃子の笛、太鼓~」と歌われているが、ひな人形といえば昔からこのタイプが一般的だったのかもしれない。人形やお道具の数が多い分、価格も高くなる。相場は約20万~100万円。

・ひな人形ケース飾り
アクリルケースに入れられたひな人形で、基本的には親王飾り(男びな・女びな)か5人飾り(男びな・女びな+三人官女)で構成されているものが多い。コンパクトであっても先に見た親王飾りや5人飾りは一つ一つ出し入れしなければならないが、このタイプは飾り台に人形が固定されているため、コンパクトであると同時に出し入れしやすく収納が簡単だ。相場は約3万~20万円。

このほか最近はインテリア風のものもあり、リーズナブルな価格のものもあるようだ。しかし、ひな人形は子どもの健康と幸せを願って毎年飾り続けるものであり基本的に買い換えはしないもの。一生ものであることを考えると、たとえ値が張っても飽きがこないため、質の良いものを選ぶのがよいのではないだろうか。

子育て費用の準備は早いうちから計画的に!

初節句でひな人形を買うなら子どもが産まれて1年経たないうちに大きな出費が必要になる。しかし、ひな人形を買った後にも「七五三」「入園・入学祝い」「進学」など、次々と費用がかかる。子どもが産まれると教育資金を気にする親は多いが、これらのイベント費用がかかることも忘れないでおこう。

なかにはお祝いごとなどのイベント費用は祖父母が出してくれる家庭もあるかもしれない。しかし、出してもらえばそれなりにお返しをするのがマナーである。これらの費用にいくらかけるかは親の考え方次第だが、次々と訪れるイベントに備えるためには子どもが小さいうちから計画的に準備することが大切だ。

具体的には、「定期的に積み立てする」「金利の良い貯蓄商品を選ぶ」「投資信託などで運用する」などの方法を検討しておこう。子どもの成長とともに親の資金も成長させられるよう、お金を運用してみてはいかがだろうか。