株式投資においては、高配当株を保有することで配当による収入を得ていく、という考え方がある。この配当は「働かずに入ってくるお金」であるため、不労所得に興味がある人にとっては、知っておきたい投資手法であると言える。

今回は、高配当株投資に関する知識を紹介していこう。

配当と不労所得

高配当株
(画像=PIXTA)

1~12月を決算期とする上場企業の決算が2020年も1~2月にかけて続々発表され、4月から翌年3月が決算期の上場企業の決算発表も4~5月に集中して行われる。この決算発表の結果に特に注目しているのが、株式投資家たちだ。

決算で判明した業績によって、その企業の株式の価格が大きく上がることもあれば下がることもある。そのため、株式投資家にとって、決算シーズンは不安と期待が入り交じる期間になると言えよう。

このように株価に一喜一憂するような側面もある株式投資だが、不労所得を得たい人の多くが実践している投資手法がある。それが高配当株に注目した投資だ。高配当株は一般的に株式の保有によって得られる配当が多い銘柄のことを指す。

配当は株式を保有しているだけで得ることができるため、配当収入を「不労所得」と考える人も多い。そのため、より不労所得を増やすために無配株や低配当株よりも高配当株に投資しようという考えに至るのは、自然なことと言える。

株式と配当の関係

株式投資における配当とは、企業が株主や出資者に利益や余剰金を分配するなどして、現金で支払われるものだ。その株主が保有している株式数に比例する金額が分配される。

配当については、購入した株式の株価に対する1年間の配当金の割合を表す指標として「配当利回り」というものがある。具体的な配当利回り(%)は「1株当たりの年間配当金÷1株購入額×100」という数式で計算される。

この配当利回りの高い株式が、一般的に「高配当株」や「高配当銘柄」などと呼ばれている。明確な定義があるわけではないが、配当利回りが3%以上もしくは5%以上の株式を指すことが多い。

銀行の金利が極めて低水準で推移している中、配当利回りが3%以上の株式を保有することは非常に魅力的だ。ただ配当に期待した株式投資には落とし穴もある。企業の業績が極端に下がったときには無配(配当が行われないこと)となることも考えられ、こうした点も考慮しておく必要がある。

どんな資産運用が向いている?株式や国債など、種類ごとの特徴を解説
投資信託で運用したい!基礎から始め方までしっかり説明

日本と米国における高配当銘柄

日本において高配当が期待される銘柄は?

東証一部上場の各企業が発表している予想値をベースに配当利回りを計算すると、2020年2月7日時点では、美容家電や電池などの事業で存在感を発揮しているマクセルホールディングス(東証1部・6810)が19%台と高くなっている。

三菱系の中堅商社である明和産業(東証1部・8103)がその次に高い9%台となっており、7%台では紳士服大手の青山商事(東証1部・8219)と電子決済事業などを手掛けるウェルネット(東証1部・2428)の名前が挙げられる。

予想配当利回りが6%台の企業になるとその数が増える。具体的には、不動産評価などに強みを持つADワークス(東証1部・3250)やタバコ製造大手のJT(日本たばこ産業)(東証1部・2914)、蛍光表示管の最大手である双葉電子工業(東証1部・6986)、ごみ収集車などの特装車大手の新明和工業(東証1部・7224)、鉄製精密ボールなどを事業とするツバキ・ナカシマ(東証1部・6464)だ。

そのほか、三菱商事や三菱UFJフィナンシャル・グループ、NTTドコモ、オリックスなども高配当銘柄として知られる。

アメリカにおいて高配当が期待される銘柄は?

一方でアメリカ株での高配当銘柄と言えば、どのような企業が挙げられるのか。

時価総額がおおよそ10兆円以上の企業に絞って言えば、2020年2月7日時点ではエネルギー関連企業の「BP」やタバコ製造・販売企業の「ブリティッシュアメリカンタバコ」、新薬の開発・販売などを手掛ける「アッヴィ」などに期待が持てる。

そのほか期待感が大きい企業としては、石油メジャーとして最大手の「エクソン・モービル」、世界最大のタバコメーカーとして知られる「フィリップ・モリス・インターナショナル」なども挙げられる。日本でも有名な「アップル」や「マイクロソフト」の配当利回りに対する期待感はこれらの企業から比べると低くなっている。

【2020年版】資産運用の初心者は必読!投資デビューのための必須知識
投資信託の利回りとは何か?利回りだけで投資信託を選んではいけない3つの理由」とは?

不労所得を考える上で知っておきたい「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」

動産投資,インカムゲイン,キャピタルゲイン
(画像=Artur Szczybylo/Shutterstock.com)

高配当株に着目した投資が「不労所得」につながることを紹介してきたが、不労所得を形成することを考える上では「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」という概念もしっかりと理解しておきたいところだ。

投資による収益は通常、このインカムゲインとキャピタルゲインに大別される。インカムゲインもしくはキャピタルゲインのどちらかだけを狙う投資方法もあれば、両方からバランス良く収益を得ようという手法もある。

インカムゲインとは?

インカムゲインとは英語で「Income Gain」と書き、株式や債券、預金などを保有していることによって継続的に得ることが可能な「配当」や「利子」を示す言葉だ。ちなみに詳しくは後述するが、不動産投資においては「家賃収入」がインカムゲインに相当する。

株式投資において得られる配当はインカムゲインにあたる。つまり高配当を狙った株式投資はより多くのインカムゲイン(=配当)を得るための戦略ということになる。

インカムゲインの最大のメリットは前述の通り、保有し続けることで半永久的に収入を得ていくことができることで、まさに不労所得はこのインカムゲインで構成されるというわけだ。

キャピタルゲインとは?

一方のキャピタルゲインは英語では「Capital Gain」と書き、株式や不動産などの値上がりによる売却益のことを指す。

高配当株に投資する場合、基本的には配当というインカムゲインを狙うことになるが、投資した株式自体が購入時より値上がりしている場合は、売却によってキャピタルゲインを得ることができる。

これは不動産投資の場合も同様の考え方で、不動産購入時の価格よりも売却するときの価格が高くなれば、その差が売却益、つまりキャピタルゲインとなる。

ただ、株式や不動産など保有している資産を売却するとその後は継続的にインカムゲインを得ることができなくなる。そのため半永久的に不労所得を得たいのであれば、基本的にはインカムゲインを念頭に置いた投資手法を選ぶこととなる。

不労所得を得る高配当株以外の手段は?

主に高配当株への投資によって不労所得を得る方法について、説明してきたが、不動産投資も不労所得の獲得を目指す投資手法の一つだ。また近年は継続的な広告収入をねらい、人気のウェブサイトを作ることで不労所得を得ようとする人も少なくない。

不動産投資による家賃収入

不動産投資では前述の通り、家賃収入がインカムゲインとなり、一般的にこの収入が不労所得と言われる。所有している部屋を第三者に貸し出すことで家賃を得るという手法だ。

不動産投資では、不動産管理会社などに手数料を支払って入居者の募集や管理を委託することで、必要な手間を限りなく少なくすることができる。

また2018年に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)を踏まえ、所有する部屋を民泊仕様に仕上げて民泊運用会社に管理を委託し、より効率的にインカムゲインを目指す人も少なくない。

また、保有している土地に自動販売機を設置することで継続的な収入を得ることも可能だ。こうして収入を得る方法も広義の不動産投資によるインカムゲインと言える。

ウェブサイト運営による広告収入

主な不労所得と言えば高配当株への投資や不動産投資が挙げられるが、人気のブログやウェブサイトを運営することで継続的な広告収入を得るという手法もある。一度人気になってしまえば継続的なページビュー・クリックが見込まれるため、コンテンツを新規に高頻度で作成しなくても一定の収益を得続けていけるという考え方だ。

チャンネル登録者数が多いYouTuberが過去にアップした動画から継続的に広告収入を得ていく、というのと似た考え方であると言える。ただ不動産投資や高配当株への投資とは異なり、コンテンツを充実させたり人気になったりするまでには労力も非常にかかる。

預貯金による利子収入

日本においては預貯金による利子収入はほとんど期待できないが、新興国など金利が高い国で預貯金をしておくことで、ある程度の額の不労所得を得ていくことも可能になる。

ただ金利が高い国は政治的・経済的に安定していないことも多く、一定のリスクがあることも覚えておきたい。

初めての投資信託購入。知っておきたい「4つの知識」とは?
【保存版】資産形成とは?メリットやリスク、始め方を徹底解説
長期投資とは?メリットを最大限活かす方法を具体的に解説

不労所得を得ることでセミリタイアを目指す人も

投資によって不労所得を得られるようになれば、アーリーリタイアやセミリタイアなどの早期退職も視野に入ってくる。早い人であれば20~30代でセミリタイアする人もおり、実際、セミリタイアのために不労所得を得ようと投資を始める人も多い。

不動産投資や高配当株投資の場合は老後においても定期的な収入が得られるため、年金代わりになることもポイントだ。

また不労所得で得た収益を再投資すれば、収入額がどんどん大きくなる「複利効果」も期待できる。複利効果は投資が長期にわたればわたるほど大きくなるため、セミリタイア後の継続的な収入を考えるのであれば、投資を始める時期は早ければ早い方がいいだろう。

忙しい人でも取り組みやすい手法

株式の短期売買で売却益を狙う手法よりも、配当による収入を増やすことに主眼を置いた高配当株投資は、なかなか株式の短期売買に充てる時間を捻出することができないサラリーマンなども取り組みやすい手法の一つとなっている。

セミリタイアを目指す目指さないに関わらず、給与所得以外の副収入にもなるため、老後の生活資金を貯めていくことにもつながる。興味を持った人は、これを機に高配当銘柄にはどのようなものがあるのか、さらに詳しく調べてみてはいかがだろうか。

関連記事

初めての投資信託購入。知っておきたい「4つの知識」とは?
【最新版】おすすめの資産運用を徹底解説!初心者も安心・玄人も満足
投資信託の利回りとは何か?利回りだけで投資信託を選んではいけない3つの理由
【徹底解説!】投資信託にかかる各種手数料まるわかり
投資信託はどう選ぶ?種類別に選び方を解説
毎月のみんなの貯蓄額は?2020年こそ貯蓄体質になろう!
20代から始める資産運用ガイド2020年版 成功・失敗事例も紹介