リーダー・先輩が取り組むべき職場環境の改善策③
(画像=aijiro/Shutterstock.com)

イメージしていた職場と異なる、先輩の考え方に納得いかないと悩み、辞めてしまう新人は多い。今の新人の傾向や考え方を理解しておこう。

4.金融機関の職場を他社と比較して窮屈に感じてしまう

金融機関も服装にビジネスカジュアルを認めたり、フリーアドレス制にしたりと、働き方改革を進めている。以前に比べれば、フランクになっている部分も多い。

一方で、コンプライアンスが強化され、メールの返信に上司の承認が必要であったり、書類のコピー1つにも記録が必要だったりする。スマホを営業室内に持ち込めないし、ブログ・ツイッターといったSNSへの投稿に制限もある。学生時代にそれらを自由に使ってきた新人には、窮屈に感じるだろう。

加えて、新人には自分の境遇を比較する対象がある。例えば、IT企業に就職してジーンズで通勤している友人、社員のSNSによる情報発信を積極的に奨励する企業などだ。「金融機関は、社会から要求される基準が高い。だから様々な制限がある」といった説明では、理解してもらいにくくなっている。

同年代の少なさも要因に