リーダー・先輩が取り組むべき職場環境の改善策⑧
(画像=PIXTA)

新人が長く働くには「業務に対して前向きになってもらう」取組みが欠かせない。ここでは職場環境と仕事意識の改善につながる具体的な工夫や制度を紹介する。

工夫5

自由に外に出る機会を作る
外の社会に触れる機会を設けることで自身の取組みを見直すきっかけに

どの業界、企業にも独特の商慣習や文化がある。

金融システムという社会インフラを担う公共的側面を併せ持つ金融機関も、金融村と呼ばれたことがあるように、一般の民間企業とは異なる業界だ。もともと許認可業種であり、金融庁等監督官庁の指導が厳しかったこともあって、業界体質は他業界に比べて保守的だとされる。

さらに金融機関の業務体制は、ミスやトラブル回避を意識しすぎるあまり、規程やマニュアルで行職員を厳しく縛りつけているという一面もある。そうした一種の閉鎖的な空間で働くことで、金融機関特有の考え方・やり方が当たり前になり、一般企業や個人の感覚とズレが生じることは少なくない。

特にデジタル社会に入り、世の中は大きく変化しており、またそのスピードも速い。注意しないと周囲の動きから取り残されてしまう。

外からの景色を体験させ今後の活動に活かす