「当社の置かれている状況は大変厳しいと認識しております」——。ゴーンショックによるブランド力低下への懸念が深刻化している日産。西川広人氏に代わって新たに新社長に就任した内田誠氏は2月12日、初めて臨む決算発表の場で日産の現状を認めた。

最終損益が261億円の赤字となった2019年10〜12月期の四半期決算。この業績の悪化から日産はどう復活の青写真を描いているのだろうか。

連載「経営トップ、発言の真意——WORDS by EXECUTIVE」の第19回では、日産の内田誠社長の決算発表における発言を取り上げ、決算資料を読み解きながら日産がいま直面している現状と復活に向けた事業計画に迫る。

純利益は前年同期比87.6%減の393億円に

WORDS by EXECUTIVE #19
(画像=Bloomberg/Getty Images, ZUU online)

日産自動車は2月12日、2019年度第3四半期の累計業績(2019年4〜12月)を発表した。売上高は前年同期比12.5%減の7兆5,073億円、営業利益は82.7%減の543億円、当期純利益は87.6%減の393億円と非常に厳しいもので、売上高営業利益率も3.0ポイント減の0.7%まで下がった。