最新インフォ
(画像=jamesteohart/Shutterstock.com)

金融業界で理系出身者に注目が集まっている。三菱UFJフィナンシャル・グループでは4月に理系出身者がトップになることが発表された。その背景にはフィンテック関連の新興企業への対抗や、デジタル化という課題が見え隠れする。

メガバンク最大手である三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の副社長・亀沢宏規氏が、4月に社長兼最高経営責任者に昇格する。メガバンク初の理系出身トップとなる予定で、銀行ビジネスのデジタル化を指揮する。

ほかの金融大手でも最近、理系出身のトップが誕生。金融とITを融合したフィンテック分野で新興企業が台頭し、銀行の地位が脅かされる中、金融機関も理系の知見が〝最重要〟の時代になったといえそうだ。

金融大手では次々と理系出身者がトップに