高齢,不安,解消
(画像=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

CASE 3
金融資産が乏しく資金不足に陥る懸念があるお客様

お客様の意向を確認したうえで自宅を担保とした借入れを紹介

生活資金に関する課題としては、「どうしても金融資産に乏しく、先々資金が不足してしまうおそれがある」というお客様もいる。ケース1・2は、相応の金融資産があるお客様に対するアドバイスを述べたが、そもそも充当すべき資金に欠ける場合は、どんなアドバイスができるだろうか。自宅の評価額に応じて柔軟な借入れができる

①リバース・モーゲージの活用