世界中の良家の子どもが、エリート教育を受けるボーディングスクール(全寮制の寄宿学校)。「最高の教育環境で知識や教養を磨くことができる」と評価の高い、世界の超名門ボーディングスクール5校をご紹介しましょう。

1 インスティテュート・ローゼンベルグ(スイス)

良家御用達超名門,ボーディングスクール
(画像=Ingrid Pakats / Shutterstock.com)

1889 年、スイス東部のサンクト・ガレン州で設立。同国最古のボーディングスクールの一つ、インスティテュート・ローゼンベルグ。「伝統とイノベーション」を教育に取り入れた独自のアプローチを誇る、スイス屈指のインターナショナル・ボーディングスクールです。
【年間平均費用】12万〜13万スイスフラン(約1,348万~1,461万円 *1スイスフラン=112円換算)

2 レザン・アメリカンスクール(スイス)

ロックフェラー一族やヴァンダービルト一族などが通ったレザン・アメリカンスクール。1961年、フランス語圏のヴォー州で設立。生徒と教師双方の好奇心やインスピレーションを促進する、魅力的な学習環境の構築を目指しています。
【年間平均費用】9万9,000スイスフラン(約1,112万円)

3 イートン・カレッジ(英国)

英国随一の名門男子校イートン・カレッジは、ハリー王子やウィリアム王子、ボリス・ジョンソン首相、デビッド・キャメロン元首相など、多数の著名人の母校としても有名です。1440年にヘンリー6世が設立したという背景から、英王室ゆかりの地として、ウィンザー城とともに同地を代表する存在でもあります。
【年間平均費用】4万2,501ポンド(約608万円 *1英ポンド=142円換算)

4 レイクフィールド・カレッジ・スクール(カナダ)

1879年、カナダ中東部のオンタリオ州で設立されて以来、同国トップレベルの名門校として、国際的に高い評価を受けているレイクフィールド・カレッジ・スクール。高水準な教育だけではなく、全生徒が充実した社会生活を送るために必要な知性・社会性・感情・精神・身体の発達促進にも力を入れています。
【年間平均費用】6万9,700カナダドル(約584万円 1カナダドル=83円換算)

5 ディアフィールド・アカデミー(米国)

1797年にマサチューセッツ州ディアフィールドで設立された、ディアフィールド・アカデミー。セミナー形式の授業で議論を活性化するために、少人数制のクラス構成を取り入れるなど、人間性を重視する教育環境が特徴です。ヨルダンのアブドラ2世は、オックスフォード大学に通う前にディアフィールド・アカデミーで高等教育を修了しました。
【年間平均費用】6万3,220ドル(約692万円 *1米ドル=109円換算)

*各校の平均年間費用は、様々な入学条件により異なるほか、諸経費なども加算されるため、各校のホームページなどであらかじめご確認下さい。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
PayPayは高額キャッシュバックをなぜこれほど頻繁に行えるのか
ところで、滝川クリステルさんが1億5,000万円保有する「国債」ってどんな商品?
年収1000万だとつらい……高所得者の実態とは?2019年ヒット記事10選
年収3,000万円世帯に人気の車は意外にも…?
年収5,000万になればできる高額な「大人の習い事」