近代セールス
(画像=iJeab/Shutterstock.com)

経営者にとって顧問税理士の存在はとても大きいように感じます。取引先の経営改善のために顧問税理士と連携を進めていくべきだと思いますが、具体的にどう話を進めればよいですか。

多くの取引先は、税務申告のために税理士と契約している。社外の専門家では取引先の数字を一番見ている立場といえるので、取引先の経営に役立つ提案を行うにあたり、顧問税理士とも良好な関係を築くことが重要だ。

中小企業で問題となる情報の非対称性