近代セールス
(画像=metamorworks/Shutterstock.com)

先日、20代のお客様にインターネットバンキングについて説明したら、数日後にまた来店され「家計簿アプリ」について聞かれました。このようなお客様には、どうアプローチすればよいですか?

今回は「日中、私用で来店される若いお客様」への対応についての質問である。実はいま、そうしたお客様が増えている。

その要因として、昨今の働き方改革によって働き方の多様化が進んでいることが挙げられる。特に、ここ1~2年でそれが加速しているように感じる。

退社時間が早くなっていることに加え、フレックスタイム、サテライトオフィス、テレワーク(在宅勤務)などの導入により、日中に自由が利く会社員が多くなっているのだ。

働き方改革は生産性の向上とセットになっているので、「働いた時間」ではなく「成果」が問われるが、いずれにせよ前述したような勤務の仕方を導入する企業は今後さらに増えていくことが予想される。

現役世代のお客様に会えるチャンスは拡大