近代セールス
(画像=create jobs 51/Shutterstock.com)

報道では日本株の変動要因として海外投資家の動向がよく伝えられます。なぜ影響を及ぼすのですか。

マーケットを学ぶとは、その多くの部分が「因果関係」を学ぶことだと思います。個々の経済指標の動きをただ見るのではなく、ある経済指標が動いた背景には別の経済指標の異変がある――このように因果関係に着目して理解することがとても大切です。

そうした因果関係を考える際に、最も分かりやすいのが「国内要因」と「海外要因」です。海外で何か異変があると他の海外市場や国内市場に変化が起きる――と多くの方が理解されていると思います。

しかし、冷静に考えてみると国内で異変が起こった場合、海外市場はおろか国内市場さえもあまり影響がありません。日本の市場は「国内要因」ではなく、圧倒的に「海外要因」によって変化が起こるといえるのです。

株式市場の売買高の実に6割が海外投資家