今後3年間の目標を考えてみよう!
(画像=Chaay_Tee/Shutterstock.com)

自分が希望するキャリアを築くために、どのように目標を立てていけばよいかポイントを解説します。

自分のキャリアをより良いものとするためには、自分がどのようなキャリアを築きたいかを具体的に思い描き、その実現に向けて取り組んでいくことが大切です。しかし、若手のうちはあまり先のことにまで想像が及ばず、思うようにキャリアプランが描けない人も多いはずです。

そこで、まずは今後3年間の目標を立ててみましょう。以下では1~3年目までの目標の例と立て方のポイントを解説します。

1年目の目標例
・基本的な窓口対応を1人で行えるようになる
・投資信託の商品内容を正確に覚える
・取引先の社長との雑談が続くようになる
・銀行業務検定試験の法務3級に合格する

1年目の目標としては、比較的実現可能性の高いものや、現在の業務を続ける中で取り組みやすいものを設定するとよいでしょう。

例えば、「口座開設の流れを覚える」「入出金手続きについては先輩を頼らずに対応できるようにする」など、自分の担当業務をしっかりとこなせるようになるための目標を立てることも有効です。

苦手なことを克服するのも目標の一案に