若手渉外担当者のお悩み解決!
(画像=Freedomz/Shutterstock.com)
若手渉外担当者のお悩み解決!
(画像=バンクビジネス)

取引先について理解するには、どのような事業を行っているのかを把握しておかなければいけません。

事業内容を知ることで、的確なソリューション提案をすることができますし、資金繰りパターンに応じてタイムリーな融資提案をすることも可能となります。

取引先の社長等は「金融機関の担当者は当社の事業内容を理解しているはず」と思っていますから、対応にあたって事業内容の理解は欠かせません。

「車を製造している」「飲食物を提供している」など私たちが日常的に目にするものであれば事業について理解がしやすいでしょう。しかし取引先が行っている事業は様々であり、具体的に何をしているのかをきちんと理解できていないことも多いと思います。