融資取引の法務
(画像=Talaj/Shutterstock.com)
融資取引の法務
(画像=バンクビジネス)

権利は法律が定める一定の期間行使しないで放置しておくと、時効により権利自体が消滅します。この一定の期間を消滅時効期間といい、権利が一定期間行使されないことによって消滅する制度を消滅時効といいます。

消滅時効期間は債権の種類によって異なり、現行民法は原則として、権利を行使することができるときから10年間を消滅時効期間、商法は商行為によって生じた商事債権は5年間を時効期間としています(民事10年・商事5年)。

また、職業別に1年・2年・3年を時効期間とする短期消滅時効制度も定められており、どの債権にどの時効期間が適用されるのか複雑で分かりにくい制度でした。

民法改正により時効のルールが変わる