こんなときどうする
(画像=Travelerpix/Shutterstock.com)

Q.海外送金では受取人の調査・把握が重要と聞いたけど?どのように確認すればいい?

こんなときどうする
(画像=バンクビジネス)

A 海外送金を行う場合には、リスクベース・アプローチに基づき、送金依頼人の実態を把握するとともに、送金目的や原資等を確認する必要があります。その際に、受取人の実態(送金依頼人との関係、送金目的との整合性、受取金の転送リスク等)も確認することが求められます。

金融庁が公表している「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」の2018年8月版では、送金先企業の実態・代表者の属性、送金のリスク等について実質的な検証が行われなかった結果、送金資金が経済制裁対象国である北朝鮮へ転送された地域金融機関の事例が紹介されています。