「投資信託取引残高報告書」を活用した声かけ&トーク
(画像=PIXTA)

投資信託取引残高報告書のココに着目してみよう!

すでに投資信託取引があるお客様にアプローチするす際、どんな情報を活用すればよいか――ここではその1つとして「投資信託取引残高報告書」を挙げる。

これはお客様に送付されるものだが、金融機関の担当者も端末等で同様の情報を見ることができる。記載項目は、取引明細(報告期間中の購入や解約、分配金の受取り等を記載)、残高明細(ファンドごとの基準価額等を記載)、分配金の状況(普通分配金や特別分配金の額、税金の内訳等を記載)、NISAの非課税枠の状況などだ。

預かり口座の種類も記載