婚姻歴による格差をなくす
(画像=PIXTA)

ポイント5.雑所得の添付書類等の見直し

雑所得が発生する業務に係る収入金額を基準として、所得金額の計算方法や書類保存、確定申告書への添付書類等の見直しが行われた。

(1)改正点

前々年の雑所得を生ずべき業務に係る収入金額が、300万円以下の個人、300万円超える個人、1000万円を超える個人について、それぞれ図表6のとおりに見直された。

婚姻歴による格差をなくす
(画像=ファイナンシャルアドバイザー)

今後は消費税法と同様の対応が求められる可能性