私はここに注目する
(画像=PIXTA)

社会保険料や税金も考慮したうえでの判断がより必要になる

現在、年間500件ほどの年金相談を受けていますが、2020年の年金制度改正については、これまで以上に年金制度以外の周辺知識を加味した、きめ細かなアドバイスが必要になると実感しています。

リタイアメントプランを作成するうえで、影響する部分を中心に見ていきましょう。

厚生年金への妻の加入期間に注意